タグ「マウス」 の検索結果(1/3)

1   2   3   

2016年6月 9日

初トラックボール エレコム M-DT1DRBK

Joshinネットショッピングで注文したエレコムのワイヤレストラックボール M-DT1DRBK が注文した翌日に到着しています。

エレコム ワイヤレストラックボール M-DT1DRBK エレコム ワイヤレストラックボール M-DT1DRBK エレコム ワイヤレストラックボール M-DT1DRBK エレコム ワイヤレストラックボール M-DT1DRBK

少しですが使ってみた感想を。

パッケージから取り出して最初に触った感想ですが、軽い!安っぽい!

定価は1万円超えるのに、このクオリティはちょっとな~って感じ( ̄。 ̄;)

定価は有ってないようなものですが。。。

今使っている Logicool ワイヤレスゲーミングマウス G602と比べると、その出来は雲泥の差です。

エレコムブランドなんでその辺り仕方ないところでしょうか。

エレコム ワイヤレストラックボール M-DT1DRBK

ただデスクに置いた印象は変わります。

見た目はカッコいいです。

これでもう少し重量感が有ったら良かったと思うのですが。

メインPCは、Logicool ワイヤレスゲーミングマウス G602がメインマウスなので、ドライバーはインストールせずに使ってみることにします。

マウスに慣れきってしまっているので操作がし難い(×_×)

流石にトラックボールをマウスみたいに動かすことは無いのですが、これは慣れるまで時間が掛かりそうです。

そして、このボールが軽過ぎる!この軽さはダメでしょう。

また、どことなくボールが引っ掛かり感が有るのもNGです。

これではストレス感が増大していまいます。

せっかくの高性能なトラックボールが台無しです。

基本しっかりしているロジクール M570の人気の高さが分かりました(^。^)

底面には、電源節約のためのローエナジーモードと素早いボール操作に追従するハイスピードモードの設定があるのですが、ローエナジーモードだとカーソルの動きが雑になるため自分は使えません。

各ボタン(右クリック、左クリック、進む、戻る、ホイール、機能割り当てボタンのFn1、Fn2、Fn3)の配置は良く考えられていると思います。

絶妙なボタン配置で素晴らしいと思います。

この形のマウスが出れば良いのにと思った次第です(笑)

しかし、まだ問題点は有って、それは左クリックが堅いこと。

その左クリックの堅さのため、左クリックを押した状態で範囲選択する場合などは苦痛で、左クリックボタンから離れてしまうことが度々発生してしまいます。

まだまだ慣れていないので、慣れるとまた印象が変わってくると思います。

このエレコムのワイヤレストラックボール M-DT1DRBKは、デスクスペースが限られているセカンドPCで使うことにします。

エレコムのサイトからドライバー(エレコム マウスアシスタント)をダウンロードして、セカンドPCにインストール、機能割り当てボタンのFn1に「Ctrl+C(コピー)」、Fn2に「Ctrl+V(貼り付け)」、Fn3に「Ctrl+X(切り取り)」、ホイールボタンに「Alt+F(閉じる)」に設定して使うことにします。

エレコム ワイヤレストラックボール M-DT1DRBK エレコム ワイヤレストラックボール M-DT1DRBK エレコム ワイヤレストラックボール M-DT1DRBK エレコム ワイヤレストラックボール M-DT1DRBK エレコム ワイヤレストラックボール M-DT1DRBK エレコム ワイヤレストラックボール M-DT1DRBK エレコム ワイヤレストラックボール M-DT1DRBK エレコム ワイヤレストラックボール M-DT1DRBK

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2016年6月 5日

念願のトラックボール購入する

大げさなタイトルですが(^^ゞ

何度購入しようとかと思ったエレコムのワイヤレストラックボール『M-DT1DRBK』『M-DT2DRBK』。

このエレコムのワイヤレストラックボール『M-DT1DRBK』『M-DT1DRBK』は、人差し指で操作するトラックボールになります。

エレコム ワイヤレストラックボール M-DT1DRBK

これまで、ロジクールやエレコムのトラックボールを購入しようと思いつつ購入出来ていませんでした。

その理由は、単純に現在不自由なくマウスを使っていて、今使っているロジクールのワイヤレスゲーミングマウス G602が気に入っているからなんですよね。

このロジクール ワイヤレスゲーミングマウス G602の唯一の欠点は、チルトホイール機能が無いため左右の移動が面倒なところでしょうか。

昔からトラックボールには憧れを持っていて、常々トラックボールを使ってみたいと思っていて、時々Amazon.co.jpなどで調べていました。


自分がトラックボールに出会ったのは、遙か昔ゲームセンターで、MISSILE COMMAND(ミサイルコマンド)と言うアーケードゲームに出会った時ですかね(多分)。

地上の基地を守りながら上部から降って来る敵ミサイルを破壊するゲームで、そのミサイルの発射位置を決めるのにトラックボールで位置合わせすると記憶しているのですが、記憶が定かではありませんσ(^◇^;)


このエレコムのトラックボールには、見た目同じで型番『M-DT1DRBK』『M-DT2DRBK』が2種類存在します。

但し、トラックボール自体に違いは無く、『M-DT1DRBK』は通常パッケージ『M-DT2DRBK』は簡易パッケージで、Amazon.co.jpではこの2種類が販売されていたりします。

但し、簡易版の『M-DT2DRBK』の方が絶対に安いと言う訳で無く、一般に多く流通している『M-DT1DRBK』の方が安いことが多いようです。


Amazon.co.jpで『M-DT1DRBK』を調べてみると、4,190円で販売されているではないですか!

価格.comで調べてもこれは結構な安さです。

しかし、販売・発送先がJoshin webになっているので、念のため本家のJhoshinネットショッピングで『M-DT1DRBK』を確認してみると、同様に4,190円で発売されています。

但し、こちらは42ポイントが付加されるので、ちょっとだけお得ですけどね。

しかし、これからまだ有って、Joshinネットショッピングでは、対象2,000円以上でその場で使えるwebクーポンが発行されていて、「マウス・キーボードに使える200円webクーポン」を使うと200円引きされます。

このwebクーポンで200円引きされると、4,000円を切る価格となり価格.comでダントツの1位となります。

試しにカートに入れてみると、何故か「さらに割引額」と言う項目が表示されて割引額-420円が追加されました。

しかも、今月自分の誕生日月なので、バースデークーポン300円webクーポンが追加されて、合計の値引き額は 920円となります。

と言うことで、エレコムのワイヤレストラックボール『M-DT1DRBK』本体が 4,190円で、ここからトータルの値引き額 920円を引いて、最終的な支払い金額は 3,270円となりました。

エレコム ワイヤレストラックボール M-DT1DRBK

これは買わねば!と言うことで、ダイニングテーブルやオーブンレンジなどで散財しちゃったので、取りあえず自分の誕生日プレゼントはこのエレコムのトラックボールで良いかな(笑)

今まで、4,000円後半で売られていた時にも買わなくて良かった(笑)



Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2016年3月16日

Logicool G640 マウスパッド 追加購入

またまたAmazon.co.jpで「Logicool G640 ラージ クロス ゲーミング マウスパッド」がタイムセールされていたので、次女用のタブレットのカバーを購入するついでに注文してしまいました(^^ゞ

今回のお買い物は、あくまでも次女用のタブレットのカバー購入が目的です(`・ω・´)キリッ

しかし、注文した夜に次女用のタブレットのカバーは必要無いことが判明! なんと無料で専用カバーが貰えるとのことでした。

渋々Amazon.co.jpで注文した商品をキャンセルしたのですが、「Logicool G640 ラージ クロス ゲーミング マウスパッド」をキャンセルし忘れてしまい「Logicool G640 ラージ クロス ゲーミング マウスパッド」だけが到着。

なんか空しい(__;)

でも「Logicool G640 ラージ クロス ゲーミング マウスパッド」はもちろん使いますよ!(笑)

と言うのも以前購入した「Logicool G640 ラージ クロス ゲーミング マウスパッド」は、パソコンデスク右側に設置して当然マウスパッドとして快適に使っているのですが、一つだけ気になる事が有ります。

それはキーボード入力中、マウスに持ち替えると「Logicool G640 ラージ クロス ゲーミング マウスパッド」の厚み3mm分の段差が気になるんです。

逆にマウスからキーボードに持ち替えると、高いところから低いところに移動するため気になりません。

段差3mmの些細な事ですが、結構それだけでストレスとなり腕に負担を掛けてしまうのと、「Logicool G640 ラージ クロス ゲーミング マウスパッド」はステッチ加工が施されていないので、早いうちに綻びてしまうのではないかと少し心配になります。

元々、パソコンデスク上全体をカバーするマウスパッド(ペリックス DX-1000XXL ゲーミングマウスパッド 900x440x3mm)使っていたので、その辺り問題は有りませんでした。

と言うことも有って、キャンセルし忘れて購入してしまった「Logicool G640 ラージ クロス ゲーミング マウスパッド」をキーボード下に敷いて、その段差を無くしてしまおうと言う訳です( ・`ー・´) + キリッ

と言うことで、Amazon.co.jpから到着。

ロジクール G640 マウスパッド ロジクール G640 マウスパッド ロジクール G640 マウスパッド

早速キーボードの下に設置。

ロジクール G640 マウスパッド ロジクール G640 マウスパッド

これで段差が無くなり、ちょっとしたストレスが無くなりました(´▽`)ノ

しかし、「Logicool G640 ラージ クロス ゲーミング マウスパッド」を2枚並べて使うとは、なんて贅沢な使い方なんだ(笑)



Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2016年2月18日

先日購入した並行輸入品 SteelSeries QcK massについて

先日Amazon.co.jpのマーケットプレイスで購入した並行輸入品の「SteelSeries QcK mass マウスパッド」ですが、コピー品で有ると言うことが判明したと言うことで、販売担当者の方からご連絡を頂き「全額ご返金」となりました。

商品については、そのまま使っても良いし処分してもいいとのことでした。

確かに、パッケージに入らずビニール1枚に入れられた状態で届いたことや、マウスパッドの端の裁断は雑だし、そして特に気になっていたロゴの違い。

ロゴマークと下側のsteelseries文字間の隙間がかなり空いているデザインで、そのことがずっと気になっていたのですが、コピー品で有るということで納得しました。

コピー品のロゴマーク

ただマウスパッドなので特にこれと言う問題も無く、普通に快適に使えているのでこのまま使うことにします。

とりあえずご報告でした。

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2016年2月16日

並行輸入品 SteelSeries QcK mass マウスパッド 使ってみる

Amazon.co.jpで購入した並行輸入品の「SteelSeries QcK mass マウスパッド」が届いてます。

並行輸入品 SteelSeries QcK mass マウスパッド

パズドラ4周年前夜祭ゴッドフェスの記事を書くので忙しくて、なかなかエントリー記事を作成出来ず(__;)

今回の「SteelSeries QcK mass マウスパッド」は、並行輸入品なのか画像の様なパッケージは有りません。

並行輸入品 SteelSeries QcK mass マウスパッド

Amazon.co.jpの輸送箱を開封すると、「SteelSeries QcK mass マウスパッド」が広がった状態でビニール袋1枚に包まれた状態で送られてきました。

並行輸入品 SteelSeries QcK mass マウスパッド

ビニール袋の裏側には、「バーコード&SteelSeries Qck mass マウスパッド 63010 新品」のシールが貼られているだけです。

並行輸入品 SteelSeries QcK mass マウスパッド 並行輸入品 SteelSeries QcK mass マウスパッド

「SteelSeries QcK mass マウスパッド」を取り出すと、やはりゴム独特の臭いはありますが、そこまで気になりません。

それよりも気になるのが、マウスパッド端の裁断処理が雑かなって感じです。

これが並行輸入品のためなのか不明ですが、気になるところではあります。

並行輸入品 SteelSeries QcK mass マウスパッド

「SteelSeries QcK mass マウスパッド」の裏側は、ズレ難いように加工されていているのですが、このお陰で少々ではズレません。

並行輸入品 SteelSeries QcK mass マウスパッド

「Logicool ロジクール G640 ラージ クロス ゲーミング マウスパッド」と「SteelSeries QcK mass マウスパッド」で、マウスの滑り具合を比較すると、若干「SteelSeries QcK mass マウスパッド」の方が滑り易いです。

並行輸入品 SteelSeries QcK mass マウスパッド

当初は1階のリビングの自作PCで使うつもりだったのですが、メイン/セカンドPC用に使うことにして、先日購入した「Logicool ロジクール G640 ラージ クロス ゲーミング マウスパッド」は、キーボードの下に敷いて当面様子を見ることにしました(´▽`)ノ

steelseries5_160215.jpg steelseries6_160215.jpg steelseries10_160215.jpg


※と思ったらこの並行輸入品の「SteelSeries QcK mass マウスパッド」はコピー品で有ることが判明したと販売担当者の方から連絡が有り全額ご返金と言う形になりました。やはり安すぎるのも問題あるのですね(__;)


Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2016年2月13日

並行輸入品のSteelSeries QcK mass マウスパッド

「Logicool ロジクール G640 ラージ クロス ゲーミング マウスパッド」を購入したばかりですが、Logicool以外にマウスパッドと言えば、SteelSeriesとRazer辺りが有名どころかと。

そのLogicool、SteelSeries、Razerはゲーミングマウスでの有名どころと有って、ペリックスやTeckNetなどの格安マウスパッドと違ってお値段お高めです(^^ゞ

そのSteelSeriesの中で「SteelSeries QcK mass マウスパッド」は、ミディアムサイズ(幅320mm x 奥行き270mm x 厚さ6mm)で十分な大きさの布製ゲーミングマウスパッドです。

並行輸入品 SteelSeries QcK mass マウスパッド

このマウスパッドの特徴と言えば6mmの厚さでしょうか。通常のマウスパッドよりも倍ぐらい厚さです(@_@)

並行輸入品 SteelSeries QcK mass マウスパッド

通常この「SteelSeries QcK mass マウスパッド」は、Amazon.co.jpでの価格が2,280円、SteelSeries 公式ショップでの価格が2,448円と2,000円を超える価格となっていますが、その「SteelSeries QcK mass マウスパッド」の並行輸入品がAmazon.co.jpで販売されており、その価格が送料込み1,000円と上記国内製品の価格よりも半額以下のお得価格で販売されています。

因みに「SteelSeries QcK mass マウスパッド」よりも一回り小さい「SteelSeries QcK mini マウスパッド(幅250mm x 奥行き210mm x 厚さ2mm)」のAmazon.co.jpの価格は約1,500円となっています。

と言うことで、Amazon.co.jpから到着を待ってます( ・`ー・´) + キリッ


※と思ったらこの並行輸入品の「SteelSeries QcK mass マウスパッド」はコピー品で有ることが判明したと販売担当者の方から連絡が有り全額ご返金と言う形になりました。やはり安すぎるのも問題あるのですね(__;)


Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2016年2月12日

ロジクール SuperLargeMousepad

「ロジクール G640 ラージ クロス ゲーミング マウスパッド」を購入したばかりですが、ロジクールの「SuperLargeMousepad」と言う更に大きいマウスパッドが発売されたようです。


ロジクール SuperLargeMousepad ロジクール SuperLargeMousepad ロジクール SuperLargeMousepad ロジクール SuperLargeMousepad

と言っても、今のところAmazon.co.jp限定で、尚且つマウスまたはキーボードとのセット販売のみになるようです。

サイズは、横790mm x 縦300mmと言うことで、ペリックスなどのマウスパッドと比べるとかなり小さく、今回購入した「ロジクール G640 ラージ クロス ゲーミング マウスパッド」と比べると横は長いものの縦は100mmほど短くなっています。

そして「ロジクール G640 ラージ クロス ゲーミング マウスパッド」には無かったステッチ加工が施されています。

やはりステッチ加工が施されていた方が良いですよね。

また右下にブルーで新しいGのロゴが入ってます。ちょっと大きい感じもしますが。。。

「SuperLargeMousepad」とセット販売されているマウス及びキーボードは、

ロジクール コンパクト メカニカル ゲーミング キーボード G310
ロジクール ゲーミングマウス パフォーマンス エディション G303
ロジクール ウルトラファースト FPS ゲーミングマウス G402
ロジクール チューナブル ゲーミングマウス G502
ロジクール 充電式ゲーミングマウス G700s

の5種類となっています。

価格の方は、当然セット販売されるマウスまたはキーボードよってバラバラで、一番安く「SuperLargeMousepad」を手に入れるには、「ロジクール ウルトラファースト FPS ゲーミングマウス G402」とのセット販売の7,064円となります。

でもね。どうせ買うのであれば「ロジクール チューナブル ゲーミングマウス G502」辺りが欲しいところですね!買わないけどσ(^◇^;)

そのうち「SuperLargeMousepad」が安く単体発売されることを期待しときます(・_・)(._.)


 

   


Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2016年2月10日

マウスパッドをロジクール G640に換えてみる

今使っている「ペリックス DX-1000XXL ゲーミングマウスパッド(900x440x3mm)」がへたってきたので、先日のAmazon.co.jpでタイムセールで販売されていた「ロジクール G640 ラージ クロス ゲーミング マウスパッド」を購入しておきました。

と言うことで、Amazon.co.jpから到着です。

ロジクール G640 ラージ クロス ゲーミング マウスパッド

Amazon.co.jpの輸送箱が2箱有るのは、1人1枚の購入制限が有ったため私と奥さんで購入したためです。

開封してみるとAmazon.co.jpでは珍しく緩衝材が紙タイプでした(@_@)

ロジクール G640 ラージ クロス ゲーミング マウスパッド ロジクール G640 ラージ クロス ゲーミング マウスパッド ロジクール G640 ラージ クロス ゲーミング マウスパッド ロジクール G640 ラージ クロス ゲーミング マウスパッド

モノが長細いのでいつものビニールで貼り付ける固定が出来なかったようです(^^ゞ

この手のサイズのモノを購入したことは何度か有るものの紙の緩衝材で来ることは無かったな。。。

2枚購入した理由については、前使っていた「ペリックス DX-1000XXL ゲーミングマウスパッド」のサイズは 900mm x 440mm、そして今回の「ロジクール G640 ラージ クロス ゲーミング マウスパッド」のサイズは 460mm x 400mmなので、「ロジクール G640 ラージ クロス ゲーミング マウスパッド」を2枚並べて使えば丁度良いかなと思って購入したのですが。。。

結局、キーボードの下に敷くのは勿体ないので止めておきましたσ(^◇^;)

1枚は予備用のストックとして保管しておくことにします。

使ってみた感想は「ペリックス DX-1000XXL ゲーミングマウスパッド」と比較すると、確かにマウスは良く滑り制御しやすい感じですね。

ただやはり布製のマウスパッドなので、滑りだけを取るとAirpad Proの方が上です。

「ペリックス DX-1000XXL ゲーミングマウスパッド」の時はデスク一面に敷いていてデスクマット的な使い方をしていたので、実際のマウスを動かす領域は狭かったのですが、今回は「ロジクール G640 ラージ クロス ゲーミング マウスパッド」上が全てでマウスを動かすことが出来るので快適です。

ゲームしない自分ですが、マウスもロジクールのゲーミングマウス、マウスパッドもロジクールのゲーミングマウスパッドと言うことで満足感高めです(笑)

キーボードもロジクールにしたいところですが、流石にREALFORCEを手放す気は起こりませんので(´▽`)ノ

ロジクール G640 ラージ クロス ゲーミング マウスパッド ロジクール G640 ラージ クロス ゲーミング マウスパッド ロジクール G640 ラージ クロス ゲーミング マウスパッド ロジクール G640 ラージ クロス ゲーミング マウスパッド



Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2016年2月 3日

気になっていたマウスパッドがタイムセールで安い!

本日は気になっていたマウスパッドがタイムセールで安い!(@_@)

1つ目は「Aukey マウスパット 防水 900*400*4mm KM-P3」。

Aukey マウスパット 防水 900*400*4mm KM-P3

横900mm 縦400mmと丁度良い大きさで、尚且つ表面が防水加工施されている大型マウスパッド。

大きさ的にはピッタリですけど、左上のサソリマークが邪魔過ぎ( ̄。 ̄;)

それとマウスパッドとしての性能は今一歩なんですよね。

2つ目は「Logicool G640 ラージ クロス ゲーミング マウスパッド」。

ロジクール G640 ラージ クロス ゲーミング マウスパッド

横460mm 縦400mmと上記マウスパッドや今使っているマウスパッド「ペリックス DX-1000XXL, ゲーミングマウスパッド」の半分程度の大きさと小さめ。

但し、今使っているマウスは「Logcool G602 Wireless Gaming Mouse」なので相性は良いかと、マウスパッドとしての性能もかなり良さそうですね。

と言うことで、悩む(´・_・`)


 


Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2016年1月20日

交換品ロジクールマウス G602到着

交換品の「ロジクール ワイヤレスゲーミングマウス G602」が届きました。

交換品 ロジクール ワイヤレスゲーミングマウス G602 交換品 ロジクール ワイヤレスゲーミングマウス G602 交換品 ロジクール ワイヤレスゲーミングマウス G602

そして現在手元にある不具合品に関しては、前回同様 "住まいの地域の法令に従って破棄/処分をして下さい" と言うことでした。

昔は不具合品を返送していたんですけどね。

ユーザー側で破棄/処分した場合、転売したり悪用する人も居るような気がするのですが、それを踏まえて天秤に掛けてユーザー側で破棄/処分の方がコストが掛からないということなのでしょうか。

もちろん自分はそんなことしませんよ( ・`ー・´) + キリッ

前回交換した時は、マウスが新しくなると言うことでちょっと嬉しかったのですが、今回は前回交換したからそれほど日が経過していないのと、交換しても同じマウスで代わり映えしない事も有り交換/設定すること自体面倒だったりします(^^;

交換品 ロジクール ワイヤレスゲーミングマウス G602 交換品 ロジクール ワイヤレスゲーミングマウス G602 交換品 ロジクール ワイヤレスゲーミングマウス G602 不具合品と交換品 ロジクール ワイヤレスゲーミングマウス G602

また不具合が発生しなければ良いのですが、マウスの不具合の場合特にイライラ感が増すので不具合が発生しなければ良いのですが。。。

2014年3月に購入した「ロジクール ワイヤレスゲーミングマウス G602」の保証期間残り約1年。

「ロジクール ワイヤレスゲーミングマウス G602」自体は気に入っているマウスなので、後1年は、「ロジクール ワイヤレスゲーミングマウス G602」を使うことにします。

保証期間切れたら「ロジクール MX MASTER Wireless Mouse MX2000」か「ロジクール MX Anywhere 2 Wireless Mobile Mouse MX1500」辺りに買い換えたいところですな(^。^)


   


Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2016年1月19日

ELECOM MMOゲーミングマウス 19ボタン M-DUX71BK

今の価格で購入することは無いと思うけど、少し気になるマウスを発見(@_@)

それはエレコムのゲーミングマウス「ELECOM MMOゲーミングマウス 有線 19ボタン ダブルホイール 2PC同時操作対応 6400dpi ブラック M-DUX71BK」と言うマウス。

エレコムのゲーミングマウスと言えば、今使っている「ロジクール ワイヤレス ゲーミングマウス G602」の前に使っていた「ELECOM 7ボタンゲーミングマウス 無線/有線両対応 2.4GHz レーザー ブラック M-H2DLBK」を思い出します。

「ELECOM 7ボタンゲーミングマウス 無線/有線両対応 2.4GHz レーザー ブラック M-H2DLBK」は気に入っていたマウスだったので、現在でも新品未開封の「ELECOM 7ボタンゲーミングマウス 無線/有線両対応 2.4GHz レーザー ブラック M-H2DLBK」がストックしてある程(^^;

しかし、「ELECOM 7ボタンゲーミングマウス 無線/有線両対応 2.4GHz レーザー ブラック M-H2DLBK」を使っていた時に、もっと多ボタン式のワイヤレスマウスを求めて、たまたまセールで販売されていた「ロジクール ワイヤレス ゲーミングマウス G602」に辿り着いたわけです。

今回のエレコムのゲーミングマウス「ELECOM MMOゲーミングマウス 有線 19ボタン ダブルホイール 2PC同時操作対応 6400dpi ブラック M-DUX71BK」は、マウスを有線・無線で2台の別々のパソコンに接続し、それぞれを同時に操作することが可能な無線レシーバ付き"DUX"MMOゲーミングマウスと言うこと。

19個のボタンと2つのホイールの計25箇所にお好みの機能を割り当てることが可能で、尚且つ各ボタンにメインパソコンとサブパソコン個別に機能を登録できると言うことです。

しかし、これだけボタンが有ると普通では使い切るのは難しそうですね。

現在Amazon.co.jpでの販売価格は約8,000円なので、販売不調により価格が下がってくるのを希望です!(笑)


エレコム MMOゲーミングマウス 有線 19ボタン ダブルホイール 2PC同時操作対応 6400dpi ブラック M-DUX71BK エレコム MMOゲーミングマウス 有線 19ボタン ダブルホイール 2PC同時操作対応 6400dpi ブラック M-DUX71BK エレコム MMOゲーミングマウス 有線 19ボタン ダブルホイール 2PC同時操作対応 6400dpi ブラック M-DUX71BK エレコム MMOゲーミングマウス 有線 19ボタン ダブルホイール 2PC同時操作対応 6400dpi ブラック M-DUX71BK エレコム MMOゲーミングマウス 有線 19ボタン ダブルホイール 2PC同時操作対応 6400dpi ブラック M-DUX71BK エレコム MMOゲーミングマウス 有線 19ボタン ダブルホイール 2PC同時操作対応 6400dpi ブラック M-DUX71BK



Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2016年1月14日

【再】ロジクール マウスG602 不具合発生


ロジクール ワイヤレスゲーミングマウス G602

ただ今メインPCで使っているマウス「ロジクール ワイヤレスゲーミングマウス G602」は、昨年10月にロジクールのサポートセンターで中央ボタンの不具合により新品交換して頂いたものです(購入日 2014年3月)。

ワイヤレスで丁度良い大きさと6個のサイドキーが便利でお気に入りのマウスなのですが、10月に交換して頂いてから極たまにサイドキーのチャタリングが発生してしまうです(ノД`)

自分の場合、サイド-キーに「戻る」「進む」以外に、「コピー(Ctrl+C)」「貼り付け(Ctrl+V)」「切り取り(Ctrl+X)」「元に戻す(Ctrl+Z)」を割り当てて使っているのですが、特に「貼り付け(Ctrl+V)」を押したときにチャタリングが発生すると何個同じモノが貼り付けられてしまうのでイラッっとしてしまうですよね( ̄0 ̄)

そこでサイドキーは6個有るので、割り当てを変更してみると同様の症状が発生するため、サイドキー1個だけの問題ではなく全てのサイドキーに対してチャタリングが発生しているようです。

交換直後で面倒と言うことも有り、発生頻度が低かったためそのまま使っていたのですが、先日3回連続チャタリングが発生!それが我慢できずロジクールのサイトからサポートセンターに連絡してみましたσ(^◇^;)

その返信が返ってきて、有無を言わさず交換対応するので、保証書を画像ファイルでメールして!って言うことだったので、前回保証書を画像ファイルで保存していたので、それをメールしておきました。

しかし、1回目に交換してやりとりって確認しないですね。確認してくれればこんな面倒なことしなくても良いのにと思った次第です。

と言うことで、現在「ロジクール ワイヤレスゲーミングマウス G602」待ちなのですが、前回同様1週間ぐらい掛かりそうですね。

ロジクールの場合、今回のように長期保証が有るので良いですが、エレコムだと保証期間は半年しかないためトラックボール手が出せないですよね(。_。)

ロジクールから新型トラックボール出てくれれば良いのに(・_・)(._.)


 


Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2015年10月27日

ELECOM 人差し指用 トラックボールマウス M-DT2DRBK

ELECOMから新しいトラックボール「M-DT2DRBK」が11月20日に発売されます。

人差し指用で、8ボタン チルト機能搭載 ボタン割当て可能 ブラック と言う内容。

これがELECOMらしくないデザインで、なかなか物欲をそそるデザインです。

しかも、人差し指用と言うのがいいですね(^。^)

ELECOM 人差し指用 トラックボールマウス M-DT2DRBK ELECOM 人差し指用 トラックボールマウス M-DT2DRBK ELECOM 人差し指用 トラックボールマウス M-DT2DRBK elecom_m-dt2drbk4_151026.jpg ELECOM 人差し指用 トラックボールマウス M-DT2DRBK

ELECOMのトラックボールと言えば、「ELECOM ワイヤレストラックボール 5ボタン チルト機能 握りの極み ブラック M-XT1DRBK」ですが、これも色々と不具合が報告されていて購入には今一歩でしたが、この後継機として「ELECOM ワイヤレス トラックボールマウス 6ボタン チルト機能 握りの極み ブラック M-XT3DRBK」が発売されています。

これらの不具合がフィードバックされて完成度が高ければ言うこと無しです。

もう少し値段が下がれば欲しいところです。

現在約6,800円にてAmazon.co.jpで予約受付中です。



Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2015年10月17日

ロジクール ワイヤレスゲーミングマウス G602 不具合

2014年3月に購入したマウス「ロジクール ワイヤレスゲーミングマウス G602」の調子が随分前から悪いです(ノД`)

ロジクール ワイヤレスゲーミングマウス G602 不具合

症状としては、自分の場合、中央(スクロール)ボタンに "ウィンドウを閉じる(Alt+F)" 機能を割り当てているのですが、最近この中央(スクロール)ボタンを押しても反応せず、かなり力を入れる必要が有ります。

確かに、中央(スクロール)ボタンを多用してきて1年ほど使ってきてダメージが蓄積した感じですかねσ(^◇^;)

他のボタンは至って大丈夫です。

中央ボタンが効かなくてもウィンドウの右上の「×」を押せば特に問題無いのですが、その操作に慣れてしまって、ついつい中央(スクロール)ボタンを押して、効かない~!ってイライラしている自分がいます(笑)

それでもしばらくそのまま使い続けていたのですが、この「ロジクール ワイヤレスゲーミングマウス G602」は3年保証が有ることを思い出して、ロジクールのカスタマーリレーションセンターにメールで問い合わせしてみました。

マイクロソフトのキーボードやマウスは、症状を問い合わせて何度か交換して頂いた事があるのですが、ロジクールとのやり取りは初めてになります。

最初メール返信でゴタゴタ有りましたが、症状を確認して頂いた結果「ご申告の症状より、製品の不具合、または故障の可能性」と言うことで交換対応となりましたヽ(^。^)丿

この「ロジクール ワイヤレスゲーミングマウス G602」ゲーミングマウスと言っても特にゲームをする訳では無いのですが、ワイヤレス式でサイドの6個のキーに対して自由に機能を割り当てる事が出来るので、かなり重宝しているマウスだったので助かりました。

今まで使ってきたマウスの中でベスト3に入るお気に入りのマウスです。

但し欠点が有って、それは横スクロール機能が無い事!

そのお陰で画像を編集するときに不便さを感じさせてしまうですよね( 。-_-。)

この横スクロール機能さえ有れば自分にとってNo.1のマウスになっていたのですが・・・。G602に横スクロール機能が追加されたマウスが出てくれれば購入すること間違い無しです。

と言う事で、代替品の「ロジクール ワイヤレスゲーミングマウス G602」が到着しました。

代替品 ロジクール ワイヤレスゲーミングマウス G602 到着 代替品 ロジクール ワイヤレスゲーミングマウス G602 到着 代替品 ロジクール ワイヤレスゲーミングマウス G602 到着

今まで使っていた「ロジクール ワイヤレスゲーミングマウス G602」と比べてみたところ、外観に違いはありません(当たり前)。

ロジクール ワイヤレスゲーミングマウス G602 比較 ロジクール ワイヤレスゲーミングマウス G602 比較 ロジクール ワイヤレスゲーミングマウス G602 比較 ロジクール ワイヤレスゲーミングマウス G602 比較

また、中央ボタンも軽く押して「カチッ」と言う音と共にボタンが反応してくれて気持ちです!これが正常な状態で有る事を改めて思ったのでした(笑)

と言う事で、新品の「ロジクール ワイヤレスゲーミングマウス G602」が使えると思うと嬉しくなりますね。

マウスは消耗品と思っているので、そうなるとエレコムなどの日本国内メーカーは保証期間が6ヶ月しかなく長く使うには不安です。

そう考えると保証期間が長くて安心のロジクールやマイクロソフトになってしまいますね(・_・)(._.)



Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2015年9月26日

LOGICOOL オプティカルゲーミングマウス G100s

ゲーミングマウスと言えばLOGICOOLマウス。

自分もゲームはしないものの、LOGICOOLのワイヤレスゲーミングマウスを使っている訳ですが。

そのLOGICOOLゲーミングマウスのスタンダードタイプ"LOGICOOL オプティカルゲーミングマウス G100s"が、Amazon.co.jpでお手軽な価格で販売されています。

この"LOGICOOL オプティカルゲーミングマウス G100s"を価格.comで調べて見ると、最安値はソフマップ.comの税込み1,980円。

しかし、ソフマップ.comの場合 購入金額の合計3,000円以上にならないと送料が掛かってしまいます。

その次に安いショップは3,000円近くの金額となり、魅力が一気に無くなってしまいます。

また、LOGICOOLのアウトレットストアでも販売されていて、こちらは税込み1,706円とかなり安く販売されています。

但し、こちらも購入金額の合計が5,000円以上にならないと送料は無料となりません。

"LOGICOOL オプティカルゲーミングマウス G100s"を単体で購入する場合は、Amazon.co.jpの1,990円(ポイント21pt付き)が一番安いですね。

販売元はAmazon.co.jpで無いものの、発送はAmazon.co.jpが担当のため送料は無料。

普段使いのスタンダードマウスとして、この"LOGICOOL オプティカルゲーミングマウス G100s"は満足してくれるかと(・_・)(._.)

LOGICOOL オプティカルゲーミングマウス G100s LOGICOOL オプティカルゲーミングマウス G100s LOGICOOL オプティカルゲーミングマウス G100s LOGICOOL オプティカルゲーミングマウス G100s LOGICOOL オプティカルゲーミングマウス G100s



Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2015年4月24日

特大マウスパッド Aukey KM-P3

今使っているマウスパッドは、Amazon.co.jpで購入した「ペリックス DX-1000XXL, ゲーミングマウスパッド - サイズ:900x440x3mm」ですが、Amazon.co.jpでは、再入荷の予定は立っておらず今後手に入れるのは難しいみたいです。

自分の場合、念のため予備で購入しておいた「特大ゲーミングマウスパッド ペリックス DX-2000XXL サイズ:900x400x3mm」が有るのですが、こちらは販売者が違うもののAmazon.co.jpで今のところ販売されています。

但し、送料が掛かってしまうので合計約2,000円と言ったところでしょうか。こちらも無くなる可能性は有るので、欲しい方は早めのご購入お勧めします。

そして、この大きさのマウスパッドで替わるものを探していたところ、「Aukey(オーキー) ゲーミングマウスパット 防水 900x400x4mm KM-P3」と言うマウスパッドが有りました。

サイズは「特大ゲーミングマウスパッド ペリックス DX-2000XXL サイズ:900x400x3mm」とほぼ同じで、若干厚みがあるようです。

そして、ペリックスのマウスパッドには無い、防水加工が施してあること。価格は 1,789円(送料込み)となっていて安いです。

この価格で、縁取りのステッチ加工がされているのは良い感じです。

但し、右下のロゴは良いにしても、左上のサソリのロゴは必要無いかと( ̄。 ̄;)

ankey_km-p3_1_140522.jpg ankey_km-p3_2_1140522.jpg ankey_km-p3_3_1_140522.jpg ankey_km-p3_4_1140522.jpg

 


Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2015年3月26日

Logicool ハイエンドワイヤレスマウス MX Master(MX2000)

Logicoolからハイエンドワイヤレスマウス「MX Master(MX2000)」が4月2日発売予定となっています。

現在発売されている「Logicool M950t」の後継機種となると言う事で、6年ぶりのモデルチェンジとのこと。

ハイエンドマウスは、ゲーム向けには需要が有るようですが、それ以外の一般的な用途向けのハイエンドマウスの需要が無い状況で「Logicool M950t」の後継機種が出るとは思っていませんでした(@_@)

Amzon.co.jpの価格は ハイエンドワイヤレスマウスと言う事で、13,910円とかなりのお値段です

キーボードとマウスは良い物が欲しいと常々思っている私としては、このマウスは欲しいです!物欲心が高まります(笑)

しかし現状10,000円超えのマウスにそうそう簡単に手を出す事も出来ないので、何れ手に入れたいところですね(・_・)(._.)

無線方式はLogicool独自のUnifyingの他にBluetooth接続も対応しており、電源は急速充電対応の内蔵バッテリーが搭載され、マイクロUSBケーブルを接続して充電を行い、フル充電時、最大40日動作するそうです。

Amazon.co.jp限定で、MX Maserコンテンツの特設ページ先行公開中です。

ロジクール ハイエンドワイヤレスマウス MX Master(MX2000) ロジクール ハイエンドワイヤレスマウス MX Master(MX2000) ロジクール ハイエンドワイヤレスマウス MX Master(MX2000) ロジクール ハイエンドワイヤレスマウス MX Master(MX2000) ロジクール ハイエンドワイヤレスマウス MX Master(MX2000) ロジクール ハイエンドワイヤレスマウス MX Master(MX2000)



Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2014年9月30日

新マウス用リストレスト

そこまで使い込んでいないリストレストの一部が破けてしまったので、改めてリストレスト選びをすることに。

今まで使っていたリストレストは、"Digio2 ジェルリストレスト アッシュ WR-704LGY"で、そこまで荒く使った覚えはないのですが、布部分が破けているのを確認(ノД`)

破れたDigio2 ジェルリストレスト アッシュ 破れたDigio2 ジェルリストレスト アッシュ 破れたDigio2 ジェルリストレスト アッシュ

"Digio2 ジェルリストレスト アッシュ WR-704LGY"は、若干堅めのジェルと高さも高いかなって感じだったので、どちらかと言うとマウス用には向いていなかったため、その反省点を含めて次のリストレスト選びをすることに。

また、色は黒にしたかったのとそこまで掛けたくなかったので1,000円以下で選ぶと、"サンワサプライ ジェルリストレスト ブラック TOK-GEL26BK"になりました。

Amazon.co.jpで注文して到着。

サンワサプライ ジェルリストレスト ブラック サンワサプライ ジェルリストレスト ブラック

この"サンワサプライ ジェルリストレスト ブラック TOK-GEL26BK"は、柔らかジェルを使用しており、高さは20mmと言う事で、"Digio2 ジェルリストレスト アッシュ WR-704LGY"と同じで有るものの、"Digio2 ジェルリストレスト アッシュ WR-704LGY"は、ほぼ平らの面に対して、"サンワサプライ ジェルリストレスト ブラック TOK-GEL26BK"は、傾斜があるため腕の負担が少なくなります。

実際に使ってみたところ、形状(傾斜)は大事である事を痛感することに(^^ゞ

"サンワサプライ ジェルリストレスト ブラック TOK-GEL26BK"の裏面を見るとジェルが丸見えで、表面だけ黒で覆われているって感じです。

サンワサプライ ジェルリストレスト ブラック 裏面 ジェル

"Digio2 ジェルリストレスト アッシュ WR-704LGY"の表面は、布形状でザラっとした感じですが、"サンワサプライ ジェルリストレスト ブラック TOK-GEL26BK"の表面はコートされておりザラ付き感が少ないです。

また、水で丸洗い出来るのも良い点です。

と言う事で、マウス用のリストレストは、当面これを愛用していきます。

"Digio2 ジェルリストレスト アッシュ WR-704LGY"の半分は、テンキー用のリストレストとしてこの先も使っていく予定なのですが、耐久性が心配( ̄。 ̄;)

サンワサプライ ジェルリストレスト ブラック 設置



Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2014年9月27日

Logicoolゲーミングソフトウェア

「Logcool G602 Wireless Gaming Mouse(ロジクール G602 ワイヤレス ゲーミングマウス)」は、ソフトウェアが付属していないので、LogicolサイトのG602 Wireless Gaming Mouse ソフトウェアダウンロードサイトからダウンロードしてくる必要があります。

ソフトウェアは「Logicoolゲーミングソフトウェア」「ロジクール接続ユーティリティ」「G602 Firmware Update」の3種類。

「Logicoolゲーミングソフトウェア」ダウンロード後、インストールするとなぜか失敗(ノД`)

OSが64ビットなのにも関わらず32ビットのソフトウェアをダウンロードしていたようです( ̄。 ̄;)

しかし、64ビットと32ビットの選択項目が分かりにくい。

この「Logicoolゲーミングソフトウェア」で、カスタマイズします。

側面の6つのボタンをカスタマイズするのですが、自分の場合、サイドボタン1を「コピー(Ctrl+C)」、サイドボタン2を「貼り付け(Ctrl+V)」、サイドボタン3を「切り取り(Ctrl+V)」に、中央クリックを「ウィンドウを閉じる(Alt+F)」に設定しました。

Logicoolゲーミングソフトウェア Logicoolゲーミングソフトウェア Logicoolゲーミングソフトウェア Logicoolゲーミングソフトウェア Logicoolゲーミングソフトウェア Logicoolゲーミングソフトウェア

ソフトウェアに関しては、「ELECOM 7ボタンゲーミングマウス 無線/有線両対応 2.4GHz レーザー ブラック M-H2DLBK」のソフトウェア「ELECOM Gaming Mouse 1.2」の方が設定度が高いです。

また、「ELECOM 7ボタンゲーミングマウス 無線/有線両対応 2.4GHz レーザー ブラック M-H2DLBK」の方が、設定したパターンを5個パターンほどメモリーすることが出来るので、多くのパターンを設定することができます。つまり11ボタンの「Logcool G602 Wireless Gaming Mouse」よりも、7ボタンの「ELECOM 7ボタンゲーミングマウス 無線/有線両対応 2.4GHz レーザー ブラック M-H2DLBK」の方が、より多くの設定が可能です。

マクロ設定、DPI&拡張機能設定も、「ELECOM 7ボタンゲーミングマウス 無線/有線両対応 2.4GHz レーザー ブラック M-H2DLBK」の「ELECOM Gaming Mouse 1.2」が細かく設定が可能となってます。


次に「G602 Firmware Update」で、ロジクールG602ワイヤレス ゲーミング マウスのファームウェアをアップグレード(ボタン反応性の強化)させます。

アップグレードすると、Software Version: 4700.0012になります。

このソフトウェアをダウンロード後実行するして、途中一度マウスのスイッチをOFF→ONにして、マウスを認識させる必要があります。

無事ファームウェア完了し、Software Version: 4700.0012となりました。

ファームウェアアップグレード

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2014年9月26日

Logcool G602 Wireless Gaming Mouse

ELECOM 7ボタンゲーミングマウス 無線/有線両対応 2.4GHz レーザー ブラック M-H2DLBK

メインPCで使っているマウス「ELECOM 7ボタンゲーミングマウス 無線/有線両対応 2.4GHz レーザー ブラック M-H2DLBK」のサイドボタンが若干接触不良を起こしているようなので、消費税増税直前に購入(2014年3月)したLogicoolのマウスを使う事にしました。

「ELECOM 7ボタンゲーミングマウス 無線/有線両対応 2.4GHz レーザー ブラック M-H2DLBK」は、清掃してリビングPCに移設することに。

今回新たにメインPCで使うLogicoolのマウスは、「Logcool G602 Wireless Gaming Mouse(ロジクール G602 ワイヤレス ゲーミングマウス)」です。

再びコードレスマウスに戻る事になりました。尚且つLogicool製のマウスは超久しぶりです。

と言う事で開封。

ロジクール G602 ワイヤレス ゲーミングマウス ロジクール G602 ワイヤレス ゲーミングマウス ロジクール G602 ワイヤレス ゲーミングマウス ロジクール G602 ワイヤレス ゲーミングマウス ロジクール G602 ワイヤレス ゲーミングマウス ロジクール G602 ワイヤレス ゲーミングマウス ロジクール G602 ワイヤレス ゲーミングマウス ロジクール G602 ワイヤレス ゲーミングマウス

「ELECOM 7ボタンゲーミングマウス 無線/有線両対応 2.4GHz レーザー ブラック M-H2DLBK」と比べると、やはり高級なマウスを多く出してきているLogicoolと言う事もあって、しっかりと作られているマウスと言うのが印象です。

実際に手が触れる部分は、それぞれ違う素材で作られていて、親指が当たるところはザラッとした素材、人差し指と中指が当たる部分は抵抗の無い素材、手の平の当たる場所はゴムの様な素材が採用されています。またそれらは、滑りにくく手のベタつきを軽減するコーティングが採用されています。

ボタンは全部で11個有り、各々のボタンは、しっかりとして押し後耐えで安心感があります。

サイドボタンは左側に集中しており、そのためボタンが小さめでボタンとボタンの隙間が無いので、これは人によっては使いにくさが有るかと思います。

逆にサイドボタンが集中しているので良い所もあるかと。

残念なこととして、ホイールチルトが非対応でした。たまに使っていたんですけどね。ホイールチルト。

「ELECOM 7ボタンゲーミングマウス 無線/有線両対応 2.4GHz レーザー ブラック M-H2DLBK」と比べると持ちやすい(操作しやすい)です。

ロジクール G602 ワイヤレス ゲーミングマウス ロジクール G602 ワイヤレス ゲーミングマウス

そして、コードレスは良いですね。コードの煩わしさが無くなって、改めてコードレスの良さを実感。

これで電池持ちが良ければ言う事無しです。使い始めたばかりなので電池持ちについては不明ですが、マウス上部にパフォーマンスモードとスタミナモードを切り替えることができ、パフォーマンスモードは最大250時間、スタミナモードは最大1440時間となっていて電池持ちは良いみたいです。

問題の感度ですが、「ELECOM 7ボタンゲーミングマウス 無線/有線両対応 2.4GHz レーザー ブラック M-H2DLBK」は少し感度について不満が有ったのですが、この「Logcool G602 Wireless Gaming Mouse」については、ポインタが微妙にブレる事も無く今のところ全く問題ありません。

見た目G602はゲーミングマウスでも、派手さが全く無いので、LEDを多用している「ELECOM 7ボタンゲーミングマウス 無線/有線両対応 2.4GHz レーザー ブラック M-H2DLBK」の方がカッコいいですね。

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



1   2   3