タグ「ARROWS」 の検索結果(1/1)

2015年9月21日

スマートウォッチ SmartWatch MN2 復活させる

以前のスマートフォンXperia acro HD SO-03Dとペアで使っていたスマートウォッチ SmartWatch MN2ですが、今となっては型も見た目も古いためARROWS NX F-02Gに買い替えてからは放置状態でした。

スマートウォッチ SmartWatch MN2

しかも、ARROWS NX F-02Gは富士通製、SmartWatch MN2はSONY製と言う事で動作保証も有りません。

ARROWS NX F-02Gに買い替えてからは、外出中ほとんどボディバックに納めているため着信が有っても気付かない事が有り、そこでとりあえずSmartWatch MN2を復活させることにしました。

SmartWatch MN2で、"着信"、"spモードメール"、"ショートメッセージ"、"Gmail" が分かればOKです。

すっかりSmartWatch MN2の設定方法を忘れていたので、SmartWatch MN2の取説で確認すると「LiveWareマネージャアプリケーション」アプリをインストールすると有るのですが、これを試してみるとBluetoothペアリングまでは出来るもののすぐに切断されてしまいます(ノД`)

色々と試してみると、最初にPlayストアで「スマートコネクト」アプリをインストールして、そこから「SmaerWatch」アプリをインストールすることで、Bluetoothペアリング及び接続が完了出来ました。

スマートコネクト

と言う事で、第一の問題で有ったARROWS NX F-02GとSmartWatch MN2は接続できるようです。

次に必要なプラグインソフトをインストールします。

「SmartWatch」アプリを起動して、アプリケーションを選択してその中から、メッセージ表示用に"メッセージスマートプラグイン"、通話用に"通話処理スマートプラグイン"、不在着信確認用に"不在着信スマートプラグイン"をそれぞれインストールします。

これで、通話、着信、メッセージはSmartWatch MN2を確認出来るようになりましたヽ(^。^)丿

SmartWatch

しかし残念なことが・・・Xperia acro HD SO-03Dで使っていたアプリの通知を送ることが出来る「CustomNotiferExtension」アプリが、Playストアから公開終了になっていました(ノД`)

これが無いとspモードメール、Gmailの通知を、SmartWatch MN2に送る事ができません。

これでは使い勝手が半減するので、その無料の代替アプリを探してみたところ「WatchIt!」と言うアプリを見つけました。

この「WatchIt!」アプリをインストールすることで、ほぼ全てのアプリの通知を送ることが可能です。

全てのアプリの通知が送られるとかなり鬱陶しいので、「WatchIt!」アプリの"Preferences" - "Default App Setting"項目でIgnore(無視)に設定して、一旦全てのアプリからの通知を無効にします。

WatchIt! WatchIt!

次に"Preferences" - "App Settings"項目で、通知が必要なアプリのみ有効設定します。

自分の場合、"エリアメール"、"カメラ温度警告"、"ドコモメール"、"メール"、"Gmail"、"Instagram"、"Jigtwi(Twitter)"、"LINE"、"Y!天気" を設定しておきました。

WatchIt!

これで、必要なアプリの通知がSmartWatch MN2に送られてくるようになり、今まで通り使えます(^。^)

しかし、SmartWatch MN2も結構古いので、電池持ちが心配で、とりあえず1日保ってくれればいいのですが(・_・)(._.)

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2015年7月11日

PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP 導入

Amzon.co.jpに注文しておいた「PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP」が到着しました。

しかし、輸送箱が若干潰れていました(; ̄O ̄) ヤマト運輸も渡す時に一言言って欲しいですね。

アマゾン輸送箱 アマゾン輸送箱 アマゾン輸送箱

開封してみると中身は無事でした。

アマゾン輸送箱開封

しかし、何かが変・・・輸送箱の中身は商品の「PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP」のみ。いつも見慣れている白い紙が無い!

そう保証書になる納品書が入っていません!

納品書が入っていないのは初めてです。しかし、たまたま自分だけかもしれませんが最近のAmazon.co.jpはミスが多いこと( ̄。 ̄;)

と言う事で、Amazon.co.jpに連絡して納品書を郵送して貰うことになりました。

Amazon.co.jpからのサイトから印刷出来るのは知っているけど、精密機器なのでいつ壊れるか分からず、そのための最初の納品書(保証書)は保管しておきたいところです。

と今回はヤマト運輸にAmazon.co.jpに色々と有ったわけですが、ようやく品物とご対面です。

PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP

デザインが可愛らしいですね。パッと見た目はソフトバンクのお父さんのパクリのようなデザインで、家族は、ソフトバンクのお父さんをデザインしたいたと思ってました(笑)

コンパクトでシンプルです。ボタンも1個しか有りません。

早速、無線LAN親機の近くで「PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP」設定します。

付属の説明書には、WPSで無線接続する方法しか記載されていないので、その方法で試したところ正常に完了せず( ̄。 ̄;)

この原因は、無線LAN親機であるNEC Aterm WR9500Nの設定の"ステルス機能(SSIDの隠滅を行う)"がオンになっていた事により、「PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP」が無線LAN親機(NEC Aterm WR9500N)を見つける事が出来ないためでした。

そこでNEC Aterm WR9500Nの設定の"ステルス機能(SSIDの隠滅を行う)"を一旦オフにして、「PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP」を初期化後、再度WPSで無線接続する方法で試したところ簡単に接続する事が出来ました。

「PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP」の設定が完了したので、先ほど一旦オフにしていた"ステルス機能(SSIDの隠滅を行う)"をオンに戻しておきます。
(※設定後、無線LAN親機(NEC Aterm WR9500N)のタイマーや停電等で電源が切れると、再び「PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP」が無線LAN親機(NEC Aterm WR9500N)を見失うため、再度"ステルス機能(SSIDの隠滅を行う)"をオフにして接続する必要があります。)

設置はリビングの端のコンセントに設置。無線LAN親機から直線距離で5.5mぐらいと言ったところでしょうか。

PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP 受信感度 PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP 受信感度

この状態で「PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP」の感度はレベル0~レベル3間のレベル2です。

説明書によるとレベル2は、"無線LANルータとの接続はバッチリです。少し離れましたが、問題の無いレベルです。"とのこと。

ARROWS NX F-02GのWi-Fiの受信感度を確認すると、一階のどの場所で確認してもWi-Fiの感度は、ほぼレベル最大(たまに一つ下がる)となりました。

ただ、二階に上がると「PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP」との距離が離れるので当然レベルは低下します。

二階では無線LAN親機(NEC Aterm WR9500N)との通信に切り替える必要が有り、これは手っ取り早くスマホを再起動すれば良いのですが、その辺り面倒かも。理想は自動的に素早く切り替わってくれれば良いのですが、そうはならないないみたいです。

発熱に関しては、暖かくはなりますがそこまでの発熱も無く、前面にソケットが一口付いているのでコンセント口が塞ぐ事無く便利です。

と言う事で、低予算で簡単気軽に自宅Wi-Fiの有効範囲を広げるには良いと思います。お陰でストレス無く家中どこでもWi-Fiが使う事が出来るようになりました(^。^)



Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2015年7月 9日

無線LAN中継器を検討する

ARROWS NX F-02Gに変えたら、多少はWi-Fiの受信感度が良くなると思っていたのですが、期待していた程の改善は有りませんでした(ノД`)

我が家では、二階に無線LAN親機(NEC Aterm WR9500N)、一階に無線LAN子機(イーサネットコンバータモードのNEC Aterm WR9500N)が設置して有ります。

二階の無線LAN親機(NEC Aterm WR9500N)~一階の無線LAN子機(イーサネットコンバータモードのNEC Aterm WR9500N)間は、5GHzで通信されています(これはNEC Aterm WR9500Nの仕様で変更出来ず)。

一階の無線LAN子機(イーサネットコンバータモードのNEC Aterm WR9500N)は、無線LAN中継器としては使っておらず、一階にある無線LANを使用する端末機器(複合機、iPad Air 2、Wiiなど)は、二階の無線LAN親機(NEC Aterm WR9500N)と通信している状況です。

また、一階の無線LAN子機(イーサネットコンバータモードのNEC Aterm WR9500N)から、LANケーブルを使って PC、TV、Blu-rayに接続しています。


※我が家のネットワーク構成参照
我が家のネットワーク構成図


この一階の無線LAN子機(イーサネットコンバータモードのNEC Aterm WR9500N)を無線LAN中継器として使う事も可能なのですが、無線LAN中継器として使う場合、MACアドレスフィルタリング機能が利用不可、無線LAN中継器~端末機器間は2.4GHzのみの通信となる(5GHz不可)などの制約が発生してしまいます。

そのような訳で二階の無線LAN親機(NEC Aterm WR9500N)から困る事が無い程度の通信が出来ていたので、一階の無線LAN子機(イーサネットコンバータモードのNEC Aterm WR9500N)を、無線LAN中継器としては使っていませんでした。

しかし、ARROWS NX F-02Gを一階で使っていると自宅内Wi-Fiの通信が安定せず、いつの間にかdocomoの回線を使って通信していることが度々有り、早急に対策する必要が出てきました。

以前のXepria acro HD SO-03Dは、3G専用のためパケットの使用制限が無くその辺り気にせずに使っていたのですが、ARROWS NX F-02Gは、パケットの使用制限(2GBまで)が有り使い放題と言う訳にはいきません。

手っ取り早く、一階に設置してある子機(イーサネットコンバータモード)を、無線LAN中継器として使うことも考えたのですが制約や設定が面倒なため、現在各社メーカーから多くのモデルが発売されている無線LAN中継器を導入することにしました。

無線LAN中継器の人気商品と言えば、「BUFFALO 無線LAN中継機 エアステーション WEX-733D」で、802.11ac/802.11n/802.11a/802.11g/802.11bが使えるので将来的にも安心かと思ったのですが、調べていくと設定に難が有ったり、無線LAN中継器~端末機器(無線LAN子機)間は結局2.4GHzが一番安定するなど、自分の思っていたのと違っていました。

そこで目に付いたのがAmazon.co.jpのセールで安くなっていた「PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP」です。

このPLANEXの無線LAN中継器は、11n/g/b(2.4GHz)のため「BUFFALO 無線LAN中継機 エアステーション WEX-733D」と比べると性能的には今一歩ですが、シンプルで消費電力が少なく、「BUFFALO 無線LAN中継機 エアステーション WEX-733D」を導入しても2.4GHzで通信するのであればこれでも良いかと思い、また、Amazon.co.jpの注文状況も見る見るうちに在庫が少なくなっていったので思わず注文してしました(笑)

と言う事で、あとはAmazon.co.jpから到着を待つだけです。



Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2015年7月 7日

ARROWS NX F-02G を1週間使ってみて

ARROWS NX F-02Gを使い出して1週間、だいぶ慣れてきました。

この1週間Xperia acro HD SO-03Dを3年間使ってきた間のスマホの進歩にただただ驚いています(^^ゞ

因みにXperia acro HD SO-03Dは、自宅内Wi-Fi専用として次女のオモチャになってます。

スピードに関しては何もかもが速いので今のところストレスを感じません(^。^)

但し、docomo側の標準アプリの圧迫によって相変わらず残りメモリは少なく、今のところ大丈夫ですが今後気にする必要が有りそうです。

ARROWS NX F-02G自体の使い勝手ですが、やはり指紋認証が便利です。

指紋認証の使い勝手としては、リビングで使っているiPad Air 2の方が圧倒的に上ですが、このARROWS NX F-02Gの指紋認証機能も十分に使えます。

また、この背面の指紋認証のボタンを押す事で画面消灯時から復帰するので、小さいサイド側ボタンを押さずに済みこれが意外と便利です。

画面に関しては、流石にWQHD(1600x2560)の解像度だけ有って綺麗ですね。

心配していた富士通スマホの発熱ですが、このARROWS NX F-02Gに限っては今のところ心配はなさそうです。この夏を乗り切れば問題ないでしょう。

また、電池持ちについてですが、3日間は流石に保ちませんが1日で有れば十分に保ちます。

ただ、Xperia acro HD SO-03Dで使っていたアプリが幾つか使えなかったりと不便さも感じております。

特にXperia acro HD SO-03Dの時に有料で購入した無音カメラアプリは全滅でした(ノД`)

一つは、"静かな超高速カメラ Plus"アプリは撮影自体出来ず、シャッターを押しても撮影されません。

もう一つの"ウバ 無音 カメラ Pro"は、2560x1440の解像度に対応していないためか撮影は出来るもののレイアウトが崩れてしまいます。

レイアウト崩れさえ我慢出来れば使用することは可能です。

これら2種類に代わる非広告表示の無音カメラアプリを探してみたもののどれも広告が表示されるものばかりで、取りあえず"無音カメラ"アプリを使う事にしました。

この"無音カメラ"アプリの有料版(非広告表示版)が有れば良いですけどね。

Xperia acro HD SO-03Dで途中まで使っていた"Angel Camera DX"も、現在アプリ登録されていないようで残念です。

Xperia acro HD SO-03Dで使っていたときに標準で入っていた電話発信ウィジェットアプリも便利でした。

と言う事で、現在4面程使っています。

ホーム画面はこんな感じで特に良く使うアイコンと天気予報を配置しています。
ARROWS NX F-02G スクリーンショット

必要なウィジェットを配置しています。
ARROWS NX F-02G スクリーンショット

気になる銘柄の株式情報を確認しています。
ARROWS NX F-02G スクリーンショット

FeliCa関連とパケ確認のウェジェットを配置しています。
ARROWS NX F-02G スクリーンショット

アプリ読み出しについては、富士通スマホの独自機能で有る"スライドイン機能"を使っています。

この"スライドイン機能"とは、画面の任意の箇所からランチャーを表示する機能のこと。

4つのランチャーにそれぞれ8種類のアプリを登録することができます。

富士通スマホ独自機能 スライドイン機能

これによって画面を移動すること無く、またアプリ起動中でも簡単にランチャーを開いてアプリを起動することが可能です。

気をつけておかないといけないのがアプリの操作と重なることが有り、例えばパズドラをプレイしている途中でランチャーを表示してしまう事も多々有りますが(^^ゞ

まだまだこれから自分なりにカスタマイズして行く必要がありそうですが、今のところこのような状態です。

スライド機能ランチャー スクリーンショット スライド機能ランチャー スクリーンショット スライド機能ランチャー スクリーンショット スライド機能ランチャー スクリーンショット

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2015年7月 4日

docomo ARROWS NX F-02G 使用開始

予定通り7月1日にdocomo ARROWS NX F-02Gの開通手続きを行いました。

その前にAmazon.co.jpで事前に購入しておいた強化ガラスフィルムを貼ります。

購入していたのは「【MOKO】docomo ARROWS NX F-02G富士通 高品質ガラス採用 強化ガラス製 液晶保護フィルム0.33mm 2.5D 硬度9Hラウンドエッジ加工 (ARROWS NX F-02G, 硬度9Hガラスフィルム)」。

MOKO 硬度9Hガラスフィルム

今まで数多くの液晶保護テープを貼ってきたのですが、ガラス製フィルムを貼るのは初めてです。

いつものように風呂場で貼ってみたのですが、ガラス製のフィルムは、厚みが有るのでそのまま液晶に被せるだけで、気泡が入る事も無く通常のフィルムよりも簡単に貼れました。

但しデメリットも有って、一発で貼れれば良いのですが、貼った後に埃等の混入を確認した場合そのゴミを取るのが結構面倒でした。

通常のフィルムで有れば、テープをフィルムに貼って持ち上げれば簡単にフィルムは剥がれるのですが、一度貼ったガラス製フィルムは、強度が有って曲げる事が出来ないためなかなか剥がす事ができませんでした。

今度貼るときには、埃には気をつけることにしますヽ(´o`;

それでも、何とか埃を除去して強化ガラスフィルム貼り付け完了です。

強化ガラスフィルムは、キズが付く事も無く、滑りやすいので使い勝手は良いですね。但し、指紋は結構目立ちます。

ガラスフィルム貼り付け完了

次に同送されていたminiUIMカードをセットします。

docomo miniUIMカード docomo miniUIMカード装着

電源を投入して起動画面が表示されて無事完了・・・かと思ったのですが、アンテナも正常立っていてネットは出来るのですが発信することも着信も出来ない状態(ノД`)

docomo ARROWS NX F-02G起動

仕方なくドコモインフォメーションセンターへ連絡すると開通処理が出来ていないとかで開通処理の手続きをして貰って無事使えるようになりました(笑)

最後にAmazon.co.jpで購入しておいた「レイ・アウト docomo ARROWS NX F-02G ブックカバータイプ・レザージャケット(合皮タイプ) ブラック RT-F02GLBC1/B」と「ABITAX(アビタックス) アンカーストラップ ネイビー 3614」を装着。

レイ・アウト レザージャケット RT-F02GLBC1/B アビタックス アンカーストラップ ネイビー

docomo Xperia acro HD SO-03Dを使っていたときも、レイ・アウトのレザージャケットを使っていましたが、それよりも高級感が有りしっかりとスマホを守ってくれます。

但し、卓上ホルダーにセットするときに端子部分のカバーを外す必要が有るのですが、それが固くて面倒です。そのうち外しやすくなると思いますが。

それと、レザージャケット自体結構な厚みが有るため、スマホ背面の指紋認証を行うのが若干し辛いです。

また、気にしていた横開き(docomo Xperia acro HD SO-03Dの時は縦開き)の使い勝手は、そんなに気にする必要は有りませんでした。

マイ docomo ARROWS NX F-02G マイ docomo ARROWS NX F-02G マイ docomo ARROWS NX F-02G マイ docomo ARROWS NX F-02G マイ docomo ARROWS NX F-02G マイ docomo ARROWS NX F-02G マイ docomo ARROWS NX F-02G マイ docomo ARROWS NX F-02G マイ docomo ARROWS NX F-02G マイ docomo ARROWS NX F-02G マイ docomo ARROWS NX F-02G マイ docomo ARROWS NX F-02G マイ docomo ARROWS NX F-02G マイ docomo ARROWS NX F-02G



Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2015年6月29日

ARROWS NX F-02G 到着!

docomo Online Shopで注文しておいたスマホ「ARROWS NX F-02G」が到着しました。

ドコモオンラインショップから到着

開通については今月末と言う事で、来月1日に開通しようかと思っています(我慢出来ればですが)。

とりあえず中身確認です。

冊子(スマホサポートガイド、NOTTV番組ガイド、商品お受取後の設定について、グッドコンディションBOOK、ご利用にあたっての注意事項)、ドコモダケ オリジナル防滴ポーチ、ARROWS NX F-02G本体、卓上ホルダー(アタッチメント)、nanoUIMカード

付属品 冊子 ARROWS NX F-02GセットとnanoUIMカード ARROWS NX F-02Gセット nanoUIMカード ARROWS NX F-02Gセット中身 ARROWS NX F-02Gセット中身

以上です。

卓上ホルダーは、別途ケース装着した状態で充電する場合替えのアタッチメントが付いています。今回はやけに親切な設計ですね(^^ゞ

卓上ホルダーとアタッチメント 卓上ホルダーとアタッチメント

一応本体に異常が無い事を確認。特に異常は無し。電源はまだ投入していないので、これはもう少し待ちですね。

本体を持った感じは大きい!そして重い!

今のXperia SO-03Dは4.3インチ、今回のARROWS NX F-02Gは5.2インチですからかなり大きくなってしまったので、そう感じるのは当たり前ですね(^^ゞ

ARROWS NX F-02G本体 ARROWS NX F-02G本体 ARROWS NX F-02G本体 ARROWS NX F-02G本体 ARROWS NX F-02G本体 ARROWS NX F-02G本体

今使っているXperia SO-03Dから電話帳、メール、FeliCa(WAON、楽天Edy、Suica、nanaco)のデータ移行、あと忘れてはいけないのがパズドラのデータ。

移行しないといけないデータはそれぐらいかな。なんかもう少し有っても良いような気がするけどσ(^◇^;)

あとは液晶保護フィルムを貼っておけば準備OKです( ・`ー・´) + キリッ

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2015年6月28日

Amazon注文品到着(スマホカバー等)

ケータイ本体よりも、Amazon.co.jpで注文した品の方が先に到着しました。

アマゾン注文品到着 アマゾン注文品到着 アマゾン注文品到着

レイ・アウトのレザージャケットは、今のXperia SO-03Dで2個使ってきたので安心感があります。

但し、今回は横開きタイプです。本当は縦開きが欲しかったのですが、AROOWS NX F-02G用にはありませんでした(ノД`)

気になるのが、初めて使うガラスフィルムです。価格が約1,000円と安かったのでちょっと心配なのですが、ダメだったら買い直しかな・・・。

素直にレイ・アイトのクリアフィルムにしておけばよかったかなと思いつつガラスフィルムの硬度9Hに少し期待しています(^^ゞ

ABITAX(アビタックス) アンカーストラップは、単純なストラップにしては価格高めです。長い間評判が良いので、今回使ってみることにしました。

もし良かったらコンデジや奥さんのケータイなどもこのストラップにしたいところですが、ストラップ1個で結構値が張るのでどうするかな(・_・)(._.)

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2015年6月27日

スマホ本体その他注文

キャリアと機種が決まったので実際に購入です。

購入は前回奥さんのガラケーを機種変したdocomo Online Shopで購入することに。

docomoonnlineshop_150622.jpg

一度docomo Online Shopで購入すると、ドコモショップとかで購入できません(・_・)(._.)

ARROWS NX F-02Gは、全3色有り、docomo Online Shopで全て在庫有りとなっています(近所のドコモショップでは、ホワイトのみ在庫無しとなっていました)。

色はオレンジとブラックで悩んでブラックに。

唯一ブラックだけ黒は黒でもステッチ柄になっており、手触りが違う気持ちいい手触り感になっています。また、Xperia Z3のガラス素材と違って、指紋などの汚れが目立たないと思われます。

付属品は、充電ホルダーのみでケーブルは付いてきません。

自分はUSB接続で充電するのが嫌な人なので、充電ホルダーが有るのは助かります。

今回nanoUIMカードに変更になるので、こちらも合わせて注文です(無料)。

と言う事で、後日届くのを待つだけです。

各種データを移し替える必要があるので、開通は7月1日予定しています。

また合わせてAmzon.co.jpで、必要なモノ(ケース、液晶保護シール)を注文しておきました。

実際Amazon.co.jpで調べてみると、その選択肢の少なさに嫌になります(笑)

当初はXperia Z3を購入する予定だったので、Xperia Z3用のケースなどを見ていたのですがが、こちらは迷うぐらいのケースや液晶保護フィルムが有るので良いですね。

結局ケースは、今使っているレイ・アウト製で「docomo ARROWS NX F-02G ブックカバータイプ・レザージャケット(合皮タイプ) ブラック RT-F02GLBC1/B」を選択。

case_150622.jpg

液晶保護フィルムは適当な強化ガラス製保護フィルムを選択しておきました。

film_150622.jpg

また、合わせて以前から気になっていたABITAX(アビタックス)のアンカーストラップ ネイビーを注文しておきました。高いストラップですな(^^ゞ

strap_150622.jpg



Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2015年6月26日

キャリアと機種を決める

スマホの買い換えが決定しのたですが、次にキャリアと機種はどうするかで悩みます(・_・)

今の電話番号で使い続けて18年と2ヶ月。その間キャリアはずっとドコモ、今もドコモです。

と言うか今までドコモ以外のキャリアを使った事がありません。

ここまで来たらドコモを解約するつもりは無いのですが、気になるのは格安SIM。

来年からは高校生になる長女もスマホを持つ予定なので、出来るだけ通信費は安くしたいところです。

そこで今のドコモ スマホをドコモ ガラケーに変更して、新たに格安SIMでスマホを持つと言う2台持ちの案が真っ先に思い浮かびました。

そのときに問題になるのが、格安SIMで運用するスマホをどこで手に入れるのか。

それを考えていくと結構面倒なんですよね( ̄。 ̄;)

一つの案としてdocomo Xperia acro HD SO-03Dをケータイ補償お届けサービスで新しい状態にして、ガラケーに機種変、そしてケータイ補償お届けサービスで新しくなったdocomo Xperia acro HD SO-03Dを格安SIMで運用するって言うのも考えたのですが、今更3年前の機種であるdocomo Xperia acro HD SO-03Dは使いたく無いので却下。

その辺りを考えて行くと色々と面倒になってきたので、素直にドコモでXiスマホに機種変することを検討。

月々の支払いを計算してみると機種によっては、今よりも安くすることが可能です。

但し、パケットパックを「データSパック(小容量)(2GB)」にして、価格の安い機種にすることが条件になります。

これは前回のエントリー記事にも記載しましたが、現在パケットは2GBも使っていないので問題ありません(但し少し心配ではありますが、せめて3GBのプランが有れば)。

後は機種を決めればOKですが、ソニー好きな自分の狙いは発売されたばかりのXperia Z4 SO-03Gと言いたいところなのですが、流石に出たばかりなので良いお値段がします(実質負担金45,360円!!)。

同じくソニーのXperia A4 SO-04Gは、実質負担金28,512円となっています。

従って、狙いは型落ちの卓上ホルダーで充電可能なXperia Z3 SO-01Gか、Xperia Z3 Compact SO-02Gに。

Xperia Z3 SO-01Gは、実質負担金11,664円。

ドコモ Xperia Z3 SO-01G

一方、Xperia Z3 Compact SO-02Gは、実質負担金0円(以下)。

ドコモ Xperia Z3 Compact SO-02G

とかなり魅力的な価格です。

そこまでスマホ自体にはこだわっていないので、月々の支払いが安くなるXperia Z3 Compact SO-02Gと思ったのですが、内蔵メモリ(RAM 2GB/ROM 16GB)の少なさが気になります。

今のスマホはメモリが少ないため結構悩まされてきたので(・_・)(._.)

一方、Xperia Z3 SO-01Gの内蔵メモリは、RAM 3GB/ROM 32GBとなっているので、こちらの方が安心ですね。

Xperia Z3 SO-01Gか、Xperia Z3 Compact SO-02Gで迷っていたところ、ふと目に飛び込んできたのが、富士通のARROWS NX F-02Gです。

ドコモ docomo_ARROWS NX F-02G

こちらも昨年の冬モデルで、既に今年の夏モデルとしてAROOWS NX F-04Gと言うモデルが発売されてます。

メモリもXperia Z3 SO-01Gと同様のRAM 3GB/ROM 32GBです。

しかも、価格はXperia Z3 Compact SO-02Gと同じく、実質負担金0円(以下)です。

気になってこの富士通 ARROWS NX F-02Gを調べてみると、なかなかの高機能。

特に超高精細WQHDディスプレイは、かなり魅力的かと。今メインPCで使っているモニターと同じ解像度です(笑)

その他ATOK搭載などXperia Z3 SO-01Gと比べても遜色の無い、それ以上の性能です。

ただ、富士通ってところが気になるところで、昔の機種ではあまり評判が良くないモデルも多々有ったようで。

とりあえず近所のドコモショップでARROWS NX F-02GとXperia Z3 SO-01G、Xperia Z3 Compact SO-02Gの3機種のモックを触ってきました。

Xperia Z3 Compact SO-02Gはコンパクトで良いのですが、自分としてはコンパクトよりも画面の大きさの方魅力的なので、Xperia Z3 Compact SO-02Gは候補から外れることに。

ARROWS NX F-02GとXperia Z3 SO-01Gのデザインを比べてみると、その方向性が全く違っており、Xperia Z3 SO-01Gは、前面および背面のガラスを採用したスマートな女性的なデザインで有る一方、ARROWS NX F-02Gは、存在感(所有感)が有る男性的なデザインになっているような感じです。

Xperia Z3 SO-01Gのデザインは、代わり映えしないと言えば代わり映えしません。今のXperia Z4 SO-03Gとほぼ同じデザインです。

ARROWS NX F-02Gのデザインは、夏モデルのAROOWS NX F-04Gに継承されておらず、AROOWS NX F-04Gのデザインはどちらかというと極普通のデザインとなっています。

このデザインと高機能、そして価格に惹かれてARROWS NX F-02Gに決定です。

久々にソニー製以外の端末で、初富士通製になります。

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加