タグ「NTT-X Store」 の検索結果(1/1)

2016年6月 1日

グリーンハウス スリムタワーUSB扇風機 ピンク 3個!

NTT-Xストアで「グリーンハウス USB扇風機 スリムタワー型 乾電池対応 ピンク GH-USB-FANTBP」が200円(税込み・送料込み)で販売されていたのを、たまたま発見して思わず3個ほど注文してしまいました(^^ゞ

注文後、ブログにエントリー記事をアップした後に完売してしまいましたが(__;)

翌日に商品が到着(早いです)。

サイズとか全く調べずに購入したので、意外と大きな箱で届けられてビックリ!

greenhousefan1_160531.jpg

これが送料込みで600円は安いな~と思っていたら、なんとグリーンハウスの直販サイト「グリーンハウスストア」では、2,037円で販売されている製品でした!(@_@)

greenhousefan2_160531.jpg

1個開封してみたところ、本体の大きさは思っていたよりも大きく(W101×D107×H345mm)、色は思っていたよりも薄いピンクでした(^^ゞ

greenhousefan3_160531.jpg greenhousefan4_160531.jpg greenhousefan6_160531.jpg greenhousefan7_160531.jpg

電源はUSBと乾電池(単3型乾電池×4本)両対応になっており、風量は4段階で調整可能(風量1・風量2・風量3・風量MAX)です。

greenhousefan5_160531.jpg

実際にUSB電源で使ってみたところ、風量1では風が出ているか出ていないのか分からない状態で使い物にはなりません。

風量2からはまともに風が出て、風量2でも十分に涼しさを感じられます。

風量MAXだと風は強いのですが、その分動作音も大きくなるため常時使うにはちょっと五月蠅いかと思います。

乾電池で6時間使えるので、場所問わず色々なところで使えるのが良いですな(´▽`)ノ

今回はタイミング良くお得なお買い物が出来ました。

しかし、NTT-Xストアは、たまにこのようなお得製品を販売するので定期的に確認ですね。


Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2016年5月30日

NTT-XストアでUSB扇風機が200円で販売中(完売しました)


NTT-XストアでUSB扇風機が200円で販売中

NTT-Xストアで「グリーンハウス USB扇風機 スリムタワー型 乾電池対応 ピンク GH-USB-FANTBP」が200円(税込み・送料込み)で販売されているのを発見!

ピンクと言う色さえ気にしなければ、送料込みで200円と言うのは格安かと(・_・)(._.)

使ったことはないので、性能は不明ですが(^^ゞ

と言うことで、これからの季節には丁度良いので完売する前に一つ買ってみるかな(´▽`)ノ

ピンクなので娘達に取られそうな気もするけど(笑)



Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2016年5月15日

メインPCのHDD交換

NTT-Xストアで注文したメインPC交換用のHDD「WESTERN DIGITAL 3.5インチ内蔵HDD 2TB SATA3(6Gb/s) 5400rpm 64MB WD20EZRZ-RT」が、注文した翌日に予定通り到着しました。

WESTERN DIGITAL 3.5インチ内蔵HDD 2TB WD20EZRZ-RT WESTERN DIGITAL 3.5インチ内蔵HDD 2TB WD20EZRZ-RT WESTERN DIGITAL 3.5インチ内蔵HDD 2TB WD20EZRZ-RT

この時点でAmazon.co.jpで同時注文したHDDは到着していません( ̄。 ̄;)

早速メインPCのHDDを交換することに。

久しぶりにメインPCを開けたので、冬の間に溜まった埃が(>_<)

HDD交換前に念入りにファンなどを清掃です( ・`ー・´) + キリッ

綺麗になったところ、HDDを交換というかHDDを追加しました。

システムドライブのCドライブとアプリケーション保存用のDドライブは、SSDで運用しているので、今回のHDDはEドライブ以降のドライブでの交換となります。

Eドライブには、Dropboxや、ユーザーフォルダー(デスクトップ、ピクチャ、ドキュメントなど)、WindowsシステムのTEMP/TMPフォルダ等を保存しているので、その辺りの移行が気になるところですが、とりあえず普通にコピーで新しいHDDにデータを移行させました。

データを移行完了後、念のため一旦セーフモードでPCを再起動させて、その後通常モードで起動。

取りあえず異常な点は確認できないのでホッとしたところ、Internet Explorer 11とMicrosoft Edgeの動作がおかしい。

Internet Explorer 11側でリセットしても症状変わらず(´・_・`)

その症状とは、ログイン情報が保持されず、立ち上げるために毎回ログインパスワード入力を求められる状態になります(Internet Explorer、Microsoft Edge共に)。

色々と調べてみたところインターネットの一時ファイルの設定を、

E:\Users\○○○○○名\AppData\Local\Microsoft\Windows\INetCache\Temporary Internet Files

から

E:\Users\○○○○○名\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files

に(末尾を)変更することで改善されました。

以上で、まずは第一弾のメインPCのHDD交換が完了しました(´▽`)ノ

次はAmazon.co.jpからHDD到着次第、セカンドPCのHDD交換です。

メインPC 清掃&HDD追加完了 メインPC 清掃&HDD追加完了 メインPC 清掃&HDD追加完了

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2016年5月14日

HDD故障からの久々のHDD買い

突然、メインPCのHDDモニタ(CrystalDiskinfo)で、健康状態が注意勧告されてしまいました。

CrystalDiskinfo 健康状態:注意

代替処理保留中のセクタ数がしきい値を超えてしまったようです。

気になるので久しぶりにHDDを購入しないといけないと思いつつGW真っ最中だったので、そのままほったらかしにしていました(^^ゞ

すると、GW明けに今度はリビングに設置している自作PCの調子がおかしい(´・_・`)

HDDモニタ(CrystalDiskinfo)で、健康状態が注意勧告されたと思ったら、再起動した後、完全にHDDが逝ったようでWindows自体正常に起動しなくなりました(>_<)

とりあえずリビングの自作PCには、特に必要なデータは無いのと使用頻度が低いので、使えなくなっても特に困る事はないのですが、流石にこのままの状態にしておくにも行かず。。。

この突然のHDD故障に焦りを覚えて、急遽HDDを購入することにしましたσ(^◇^;)

メインPCのHDDは、現在「WesternDigital Caviar WD15EARS-00MVWB0 1.5TB/SATA」を使っていて、特に1.5GBの容量で困る事は無いので、今回は500GB多くして2GBのHDDを購入することに。

Amazon.co.jpで調べてみると、他のショップよりも少々お値段お高めなんですね。その分保証が多く付いているためでしょうか。

保証が多く付いていると言っても、HDDが壊れたら間髪入れずに必要になるのと、あまりHDD自体が高くないのでその手間を考えるとあまり自分には意味の無い保証かと。

他のショップを調べてみるとNTT-X StoreでAmazon.co.jpよりも1,000円ほど安く売られていたため、今回はNTT-Xストアで「WESTERN DIGITAL 3.5インチ内蔵HDD 2TB SATA3(6Gb/s) 5400rpm 64MB WD20EZRZ-RT」を購入することにしました。


次にリビングの自作PCのHDDをどうしようかと考えたところ、とりあえず値段の手頃な1TBクラスのHDDで十分と判断(元々は500GBのHDDを使っていたのでそれよりも少なくても良いぐらい)。

しかし、使用頻度が低く、特に重要なデータを入れていないリビングの自作PCに導入するのも勿体ないので、新たに購入した1TBのHDDは、セカンドPCに導入して、その余ったセカンドPCの1TBのHDDをリビングの自作PCに導入することにしました。

と言うことで面倒ですが、PC3台のHDDを入れ替えます。

1TBのHDDは、Amazon.co.jpが安かったのとAmazon.co.jpギフト券が有ったので、Amazon.co.jpから「WESTERN DIGITAL HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 1TB Blue WD10EZEX / 7,200rpm / SATA 6Gb/s / 2年保証」を購入することに。
WESTERN DIGITAL HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 1TB Blue WD10EZEX

5月12日のお昼にNTT-Xストアで、「WESTERN DIGITAL 3.5インチ内蔵HDD 2TB SATA3(6Gb/s) 5400rpm 64MB WD20EZRZ-RT」を注文すると、すぐに発送メールが届きました。

翌日13日には到着しそうです。

一方、Amazon.co.jpで、「WESTERN DIGITAL HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 1TB Blue WD10EZEX / 7,200rpm / SATA 6Gb/s / 2年保証」を注文。

注文した当日の日には発送メールは届かず、翌朝に本日発送したのメールが届いた状況で、そのためNTT-Xストアより1日遅れの14日に到着するとのこと。

Amazon.co.jp送料は高くなるし発送は遅いしで、Amazon.co.jp離れが加速しそうです( ̄。 ̄;)

NTT-Xストアやヨドバシ.comなど送料無料のところは、まだまだ有るしそこまでAmazon.co.jpを使うこともないかも。

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2015年10月 8日

続)家族用PCのシステムドライブをSSDにする

昨日のエントリー記事の続きです。

最初にNTT-X Storeで購入した「ADATA Premier Pro SP600 SSD 128GB ASP600S3-128GM-C」を、ヨドバシ・ドット・コムで購入した「タイムリー TIMELY ainex アイネックス HDM-29」にセットします。

ADATA Premier Pro SP600 SSD 128GB セット ADATA Premier Pro SP600 SSD 128GB セット

それを自作PC内のHDDホルダーにセット、配線して完了です。

ADATA Premier Pro SP600 SSD 128GB セット

次にSSDを起動ドライブにするためにBIOSのメニューを見直して完了です。

次にWindows 10をインストールする訳ですが、久々のクリーンインストールなので手こずりそうな予感( ̄。 ̄;)

そして初めてのWindows 10 クリーンインストールです。

Windows 10は、一度ライセンス認証していれば、クリーンインストールが可能になっています。

と言う事でWindows 10をクリーンインストールするわけですが、そこで問題となってくるのはプロダクトキー。

Windows 7からWindows 8に格安でアップグレードした時にはプロダクトキーが発行されたのですが、今回Windows 10の無償アップグレード時にはプロダクトキーの発行は有りませんでした。

と言うのも、無償アップグレードされたWindows 10には、個別のプロダクトキーは存在せず、無償アップグレード専用の共通キーとなります。

winproductkey.exe と言うソフトを使って我が家のWindows 10を調べてみたところ、メインPCとサブPCのプロダクトキーが一緒でした。

これはマイクロソフト側が、Windows 10アップグレード時にハードウェア構成を記憶しており、同じ仕様のPCにWindows 10をインストールする場合、プロダクトキーを入力する必要無く自動的にライセンス認証される仕組みです。

逆に言うと、ハードウェアの変更が有ればライセンス認証出来ないことになります。

もし、マザーボード交換した場合、違うPCと見なされてしまいライセンス認証されません。この辺り自作PCユーザーには厳しい状況かと。

但し、無償アップグレード期間で有れば、一度Windows 7、Windows 8、Windows 8.1をインストール後、Windows 10をインストールすることでライセンス認証可能です。

しかし、無償アップグレード期間を過ぎてしまうと、再度Windowsを購入する必要が発生します。

どこまでの範囲でハードウェアを交換した場合に、ライセンス認証が通らなくなるのか不明ですが、今回システムのドライブをHDDからSSDに交換した結果、無事ライセンス認証されました。

とりあえず、1回はシステムドライブをHDDからSSDに変更するのは大丈夫みたいです。2回目以降は不明です。

無事、Windows 10をインストールして、その後手こずりながら環境構築。

家族が使うPCなので、最低限のソフトをインストールして安定志向にしておきました。

今回システムドライブをSSDに換装したところ、起動時間がかなり短縮されたのでかなり快適になりました。

ATA 2.0(3Gbps)なので、そこまでの速さは有りませんが、それでもHDDと比べると雲泥の差です。

立ち上げ時間を計測してみると、PCの電源投入して約1分後にWindows 10が使えるようになりました。

(新)SSD CrystalDiskMark 結果SSD計測

(旧)HDD CrystalDiskMark 結果HDD計測

次は、Windows 10の無償アップグレード期間が終わる前に、セカンドPCのシステムドライブをSSD化して、メインPCのシステムドライブのSSDも新しくしたいところです(と言うかしとかないといけないですね)。

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2015年10月 7日

家族用PCのシステムドライブをSSDにする

リビングで使っている家族用PCの調子が悪い(ノД`)

家族がiPad Air 2ばかり可愛がるので、家族用PCが拗ねてしまったのかと(笑)

と言っても、無くては困るので復旧させないといけないのですが、症状としては、Windows Updateが正常に完了出来ない、ショットダウンにかなり時間が掛かる、スタートアップに登録していたアプリが突然消えるなどの症状が発生しています。

特にWindows Updateが失敗するのは深刻な状況で、失敗すると復旧にかなり時間が掛かり、Windows 10の場合一部の更新プログラムだけを無効にすることが出来ないので、今後リリースされる更新プログラムが導入出来なくなります。

色々と復旧を試みてみたのですが結局原因不明で、システムの復元を有効にしていなかったため過去の復元ポイントも無く、最終手段のシステム再インストールしかないようです(´・ω・`)

リビングの自作PCは、500GBのHDDが1台のみの構成で、このHDDにシステム再インストールする気も起こらず、(仕方なく)システム用としてSSDを導入することにしました。

リビングの自作PCは、作成してから結構な年数が経っているのと、マザーボードもSATA 2.0 (3Gbps)までしか対応出来ないので、良いSSD導入のためにお金を掛けたくないところ。

と言う事で、安めの120GBクラスのSSDを調べて見ると、Amazon.co.jpよりもNTT-X Storeで購入する方が安そうです。

その中で、

ADATA Premier Pro SP600 SSD 128GB ASP600S3-128GM-C 5,970円
Kingston SSDNow V300 Series 120GB SV300S37A/120G 5,580円
SunDisk SSD PLUS 120GB SDSSDA-120G-J25C 5,870円

の3機種が候補に。

どれでも良かったのですが、他のSSDより少しだけ容量が多い「ADATA Premier Pro SP600 SSD 128GB ASP600S3-128GM-C」を選択することに。

Amazon.co.jpで購入すると7,600円ぐらいなので、お買い得感は有りそうです。

NTT-X Storeは佐川で配達と言う事で商品着。久しぶりにNTT-X Storeを使ったような気がする。

ADATA Premier Pro SP600 SSD 128GB ASP600S3-128GM-C ADATA Premier Pro SP600 SSD 128GB ASP600S3-128GM-C ADATA Premier Pro SP600 SSD 128GB ASP600S3-128GM-C

また、合わせてヨドバシ・ドット・コムで、一番安い2.5インチSSD/HDD変換マウンタ「タイムリー TIMELY ainex アイネックス HDM-29」を購入しておきました。

Amazon.co.jpで購入すると、あわせ買い対象商品になってしまい単独で購入出来ないので、何を購入しても送料無料のヨドバシ・ドット・コムさんで購入です。

タイムリー TIMELY ainex アイネックス HDM-29 タイムリー TIMELY ainex アイネックス HDM-29 タイムリー TIMELY ainex アイネックス HDM-29 タイムリー TIMELY ainex アイネックス HDM-29

取り付けと設定は後ほど。

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2015年6月12日

アイリスオーヤマの扇風機

昨年ちょうど夏が終わる頃に長女が扇風機を真っ二つに折って破損( ̄△ ̄)

そのため子供部屋だけ扇風機が無い状態なのですが、今年長女は受験生のため仕方なしに安い扇風機を探す事に。

ヤマダ電機の広告にYAMAZENの扇風機が1,980円で載っていたものの買いに行くのが面倒だったので、ネットで探すことに(^^ゞ

出来ればYAMAZEN以外の扇風機を探すと、NTT-X Storeで発見!

その扇風機は、アイリスオーヤマの「リビング扇風機 ホワイト/ブルー EFB-32-W/A」販売価格2,980円で、20:00~8:00の時間限定で200円割引クーポンが発行されるので、最終的に税込み・送料込み 2,780円で購入することができました。

NTT-X Store アイリスオーヤマ リビング扇風機 ホワイト/ブルー EFB-32-W/A

YAMAZEN以外の扇風機を買えたのはちょっと嬉しい(^。^)

佐川さんで到着。

アイリスオーヤマ リビング扇風機 ホワイト/ブルー EFB-32-W/A組み立てると、ブルーのファンとアクセントが涼しそう。

アイリスオーヤマ リビング扇風機 ホワイト/ブルー EFB-32-W/A

アイリスオーヤマ リビング扇風機 ホワイト/ブルー EFB-32-W/A アイリスオーヤマ リビング扇風機 ホワイト/ブルー EFB-32-W/A

また、首振りのボタンが、下に設定されているのも地味に嬉しい。

いつも長女が固定してそのままにしてしまうので、これで忘れずに切り替えるでしょう(^。^)

アイリスオーヤマ リビング扇風機 ホワイト/ブルー EFB-32-W/A

アイリスオーヤマの扇風機は初めて購入したのですが、実際に使ってみたところYAMAZENの扇風機よりも、スムーズなムラの無い送風で好印象です。



Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2015年2月 4日

LOGICOOL Bluetooth スピーカー Z600WH 開封設置

先月、入院前に注文しておいた『LOGICOOL Bluetooth スピーカー Z600WH』が入院中に届いてそのまま放置していたのですが、ようやく開封及び設置しました(^^ゞ

輸送箱

パッケージはこんな感じです。

LOGICOOL Bluetooth スピーカー Z600WH パッケージ

開封してみると、一番上にスピーカー本体以外の付属品が入っている箱が有り、その箱を取り出すとスピーカー本体が現れます。

LOGICOOL Bluetooth スピーカー Z600WH 開封 LOGICOOL Bluetooth スピーカー Z600WH 開封 LOGICOOL Bluetooth スピーカー Z600WH 開封

付属品は、説明書、ACアダプター、USBトランシーバー、オーディオケーブルとなっています。

LOGICOOL Bluetooth スピーカー Z600WH 付属品 LOGICOOL Bluetooth スピーカー Z600WH 付属品

スピーカー本体はこんな感じです。

LOGICOOL Bluetooth スピーカー Z600WH スピーカー本体 LOGICOOL Bluetooth スピーカー Z600WH スピーカー本体

ホワイトと言っても見た目がグレー(ネット部分)なので、ブラックでほぼ統一している環境でもそんなに違和感がないような気がします。

独特な面白い形をしているスピーカーのためインテリアとして置くのは良いと思います。

それよりも気になるところは、スピーカー間のケーブルが短いこと。だいたい1.5mぐらいでしょうか。

LOGICOOL Bluetooth スピーカー Z600WH スピーカー間ケーブル

先日、「Inateck Bluetooth USBアダプタ Ver4.0 BTA-BC4B6」に入れ替えたセカンドPC(EditingPC)に接続してみました。

しかし、Bluetoothのペアリングして接続完了しているにも関わらず、再生デバイスの一覧に、LOGICOOL Z600が表示されません(ノД`)

原因が分からず何度かBluetooth関連のドライバーを削除して改めてインストールしても駄目。

そこで、一度スマホとLOGICOOL Z600をペアリングして接続してみると、あっさりと鳴りました。

と言う事は、やはりLOGICOOL Z600は正常で、セカンドPC(EditingPC)側の問題の様です。

再度Bluetooth関連のドライバを削除して、「Inateck Bluetooth USBアダプタ Ver4.0 BTA-BC4B6」のドライバは使わずに、Windows標準ドライバを使ってみたところ、ペアリング・接続完了し、再生デバイスの一覧に"LOGICOOL Z600"が表示されました。

LOGICOOL Z600を選択すると正常にサウンドが出ました。

サウンドに関しては悪く無いです。3,980円で購入したスピーカーとは思えないサウンドを奏でています。

長時間鳴らしても疲れないサウンドです。

この独特のスタイルさえ気に入れば、7,000円~8,000円までの価格では十分購入する価値のあるスピーカーだと思います。

メインPC(MainNetowarokPC)にも接続したいのですが、こちらはBluetoothを使える環境では無いので、付属のUSBレシーバーを使って接続してみたのですが、何故かPC側で音量の調整ができませんでした。これでは音量の調整が難しいので別途Bluetooth USBレシーバーを購入するか、オーディオケーブルを使用する必要が有りそうです。

設置してみたところ、私の環境ではケーブルの長さがギリギリでした(^^ゞ

LOGICOOL Bluetooth スピーカー Z600WH 設置完了

今は、NTT-Xストアで、4,980円に値上がりしていて、またAmazon.co.jpでも、5,000円を超える価格になっているので、今回はなかなか良い買い物が出来たと思います(^。^)



NTT-Xストア LOGICOOL Bluetooth スピーカー Z600WH


Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2014年9月19日

ケンコー デジタルカメラ用巾着ポーチ aosta chou chou

3個の宅配便が佐川急便にて配達されました。

佐川急便 宅配便

そのうち2個の宅配便は、先日エントリー記事でアップしたNTT-X Storeの在庫処分SALEの『ケンコー デジタルカメラ用巾着ポーチ aosta chou chou AOC-CU1PO(レッド・スターイエロー・ドッグドット・ブルー』180円(税・送料込み)です。

袋の宅配便の方はまた後日エントリー記事をアップします!

佐川急便 宅配便

箱が2個届いたのは、最初に2個(レッド・スターイエロー・ドッグ)注文決算した後に、もう1個(ドット・ブルー)注文してしまったため箱が2個届いてしまいました。1個180円で利益がほとんど無いのに申し訳ない気分でσ(^◇^;)

ケンコー デジタルカメラ用巾着ポーチ aosta chou chou

実際にモノを見てみると、Amazon.co.jpの960円、ソフマップの813円に見合う程の価値には無いにせよ今回の180円では安すぎるかと。

ヨドバシ・ドット・コムで575円で販売されている位の価格が妥協なところでしょうか。

奥さんと子供達のコンパクトデジカメを収めてみました。

コンデジにはピッタリの大きさです。

クッションも厚く、口を絞るストラップの長くカラナビも付いているので携帯性は良さそうです。

ケンコー デジタルカメラ用巾着ポーチ aosta chou chou ケンコー デジタルカメラ用巾着ポーチ aosta chou chou ケンコー デジタルカメラ用巾着ポーチ aosta chou chou ケンコー デジタルカメラ用巾着ポーチ aosta chou chou ケンコー デジタルカメラ用巾着ポーチ aosta chou chou

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2014年9月15日

格安ケンコーデジタルカメラ用巾着ポーチ

NTT-X Storeの在庫処分SALEのページを見ていると、子供達のデジカメケースに丁度良いと思われるポーチ型のデジタルカメラケースが安い。

それは『ケンコー デジタルカメラ用巾着ポーチ aosta chou chou AOC-CU1PO』で、180円(税・送料込み)です。

幾つか柄の種類が有るようですが、NTT-X Storeの在庫処分SALEでは、3種類(レッド・スターイエロー・ドッグドット・ブルー)の柄が販売されています。

これをAmazon.co.jpで確認するとAmazon.co.jp自体の販売発送は無いものの三星カメラが販売発送しており価格が送料別で960円、ヨドバシ・ドット・コムの場合柄によって575円~822円(税・送料込み)の範囲で、ソフマップ・ドットコムの場合 813円(税込み)となっているので、NTT-X Storeの180円はかなり安いかと(・・)(。。)

但し、在庫僅少となっているので、そのうち売り切れる可能性大なので欲しい方はお早めに(^_^)/

ケンコー デジタルカメラ用巾着ポーチ aosta chou chou AOC-CU1PO-RD レッド・スター ケンコー デジタルカメラ用巾着ポーチ aosta chou chou AOC-CU1PO-Y イエロー・ドッグ ケンコー デジタルカメラ用巾着ポーチ aosta chou chou AOC-CU1PO-BL ドット・ブルー



Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2014年7月14日

パナソニック ラムダッシュ ES-ST37-A

シェーバーが無いと困るので、最近良く利用するNTT-X Storeで結局ラムダッシュ ES-ST37-Aを購入しました。

私が購入した金額は 7,780円と格安だったのですが、私が購入した直後に 10,800円に値上がりしてた(@_@)

ただ、今だとAmazon.co.jpが安いです。

と言う事で、無事に品物が到着。

パナソニック ラムダッシュ ES-ST37-A

前の使っていたシェーバーがブラウン BS9785 プロソニックで、そこそこ良かったシェーバーだったので、今回のパナソニック ラムダッシュ ES-ST37-Aは、安っぽい感じですね(^^ゞ

手に持った感じかなり軽い印象です。

付属品は、シェーバー本体、シェーバーホルダー、充電スタンド、急速充電器、ポーチ、取扱説明書、清掃ブラシとなっています。

パナソニック ラムダッシュ ES-ST37-A パナソニック ラムダッシュ ES-ST37-A パナソニック ラムダッシュ ES-ST37-A パナソニック ラムダッシュ ES-ST37-A パナソニック ラムダッシュ ES-ST37-A

シェーバーって軽くても重くてもダメだと思うのですが、このシェーバーは自分にとって軽めな感じです。

今の時点では、ブラウン製の方が良いイメージですね。

実際使った感じは、新しい刃と言う事もあり、かなり剃れる感じです。

最初新しいシェーバーを使った時に、自分には合ってない感じの違和感が有るのですが、これはその違和感が少ない感じがしました。

肌へのダメージが無く、綺麗に剃れます。

一つ失敗したのは、今まで使ってきたシェーバーは、首振りヘッドだったのですが、このラムダッシュ ES-ST37-Aはその首振りヘッドでは無いです(安いので仕方ないですが)。

首振りヘッドでは無い分、肌に密着させにくい感じです。これはそのうち慣れると思いますが・・・。また、首振りヘッドで無いので構造が単純な分清掃は簡単ですね。

特に防水機能とウォータースルー洗浄機能で気軽に水で流して洗浄出来るので、自動洗浄機能が無くても気軽に清掃出来て良い感じです。

洗顔石けんと使って泡メイキングモードでも使ってみましたが、大きなシェーバーと泡で肌が見えないので、剃り残しが有り慣れるまで時間が掛かりそうです。ただ、何も付けないよりは綺麗に剃れて良いです。

あと、動作音は全体的に静かだと思います。前のブラウン BS9785 プロソニックより全然静かです。


 


Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2014年7月 9日

シェーバー購入検討

毎日使っているシェーバーですが、気がついたら網刃の部分が破れているのを発見( ・_・;)

使っているシェーバーは、ブラウン製のBS9785 プロソニックなのですが、購入したのが約6年前なので、よくここまで一度も替刃を交換せずに保ったものです。

と言う事で、交換用の替刃を探すために近くのイオンで確認したところ在庫は有ったものの7,509円!

braun1_140706.jpg

この値段では購入する気は流石に起こらないので、ソフマップドットコムで探したところ5,486円でした。

それでも結構良い値で・・・。

ブラウン BS9785 プロソニックシェーバーも使用期間6年が経過しようとしているので、今回は新しく安いシェーバーに買い換えることにしました。

出来ればイオンで販売している替刃の値段と同じ7,500円位が良いですが。これだと替刃購入したつもりで、新しいシェーバーを買った事になりますので(^^ゞ

今までシェーバーを使い続けて以来一貫してブラウン製を使い続けてきたので、今回もブラウン製を購入するつもりでネットで探していたところ目に付いたシェーバーはパナソニック製でした。

その手頃な価格帯のパナソニック製シェーバーは、ラムダッシュ ES-ST27シリーズとラムダッシュ ES-ST37シリーズの2種類。

両シェーバーの基本的性能は一緒で、泡が手軽につくれる「泡メイキングモード」の機能が、ラムダッシュ ES-ST37シリーズに搭載されています。

ブラウン BS9785 プロソニックシェーバーに付いていた自動洗浄機能は付いていないのですが、パナソニック ラムダッシュ ES-ST27シリーズとラムダッシュ ES-ST37シリーズは、防水機能でウォータースルー洗浄が付いているので洗浄については大丈夫かと。

それよりも洗浄液を購入することなく、尚且つラムダッシュ ES-ST37シリーズの泡メイキングモードを使えば、シェービング専用液も使う量が減るので、全体的なランニングコストが減るのかなって感じです。

と言う事で、ラムダッシュ ES-ST37シリーズ購入に傾きつつ・・・Amazon.co.jpで価格を調べてみると、ラムダッシュ ES-ST37-Aは9,135円と結構なお値段でした。希望金額7,500円程度には遠い( ̄。 ̄;)

価格.comで調べてみると一番安いところで7,760円と結構安くほぼ希望する価格です。

最近よく利用するNTT-X Storeで7,980円で、ナイトセール(20:00~8:00)で購入すると、NTT-X Store 会員割引クーポン 200円割引が発行されて7,780円になります。

Panazonic_es-st37-a_140706.jpg  Panazonic_es-st37-s_140706.jpg


また、ラムダッシュ ES-ST27-Kは、NTT-X Storeで6,880円。同じくナイトセール(20:00~8:00)で購入すると、NTT-X Store 会員割引クーポン 100円割引が発行されて6,780円に。価格.comの中では一番安い価格になります。

Panazonic_es-st27-k_140706.jpg  Panazonic_es-st27-r_140706.jpg  Panazonic_es-st27-w_140706.jpg


Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2014年5月16日

Gigastone SDHC Class 10 32GB 11B1606

先日のエントリー記事でアップしましたNTT-X Storeで1,580円(送料・税込み)で販売されているSDHCカード『 Gigastone SDHC Class 10 32GB 11B1606 』を結局注文しました(^^ゞ

NTT-X Storeではお買い得な商品を購入していますな(・・)(。。)

注文した翌日には商品が到着しています。

SDカード1枚の割には、大きな輸送箱です。

Gigastone SDHC Class 10 32GB 11B1606 NTT-X Store 輸送箱 Gigastone SDHC Class 10 32GB 11B1606 Gigastone SDHC Class 10 32GB 11B1606 Gigastone SDHC Class 10 32GB 11B1606 Gigastone SDHC Class 10 32GB 11B1606 CrystalDiskMark

CrystalDiskMarkで測定してみたところ、ランダムアクセス(512KB単位)の書き込み速度が遅いですね(-_- )

目的はコンデジの予備SDHCカードになると思うので十分かと。

これよりも確実な性能とUHS-I対応が必要な場合は、約600円高くなるAmazon.co.jpの「Transcend SDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応(最大転送速度45MB/s) 無期限保証 TS32GSDU1」ですね。

自分が購入したときよりも100円値下がりして、1,480円で販売してる(ノД`)

容量32GB・Class 10で1,480円は素直に安い!


Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2014年4月29日

消費税増税前の最後の衝動買い

消費税増税前に購入したモノが有ってほぼ衝動買いでしたσ(^◇^;)

そのモノが到着したのは、東京ディズニーリゾート旅行に行く直前で開封することなく東京ディズニーリゾート旅行へ。

今まで存在を忘れていたわけでは無いのですが、東京ディズニーリゾート旅行から帰って色々と忙しかったため、ついついそのままの状態にして今に至った訳ですが、さすがに輸送箱の開封はしておかないとと思いようやく開封することに。

その消費税5%最後の衝動買いの購入品は、Logcool G602 Wireless Gaming Mouse(ロジクール G602 ワイヤレス ゲーミングマウス)です。

通常安くても6,000円程度はするのですが、たまたま覗いたNTT-X Storeのサイトで超格安の2,280円(消費税・送料込み)とちょっと信じられない価格で売られていたので思わず衝動買いで購入。

nttxstore_g602_140425.jpg

自分が購入したあと直ぐに"完売致しました"のメッセージが表示されたので、僅かの差で手に入れることができたと思われます。

ロジクール製マウスを購入するのは、これで2回目ぐらいだと思います。

確か自作PCに最初に手を出した時に購入したのがロジクール製のマウスを使った覚えがあるのですが、もうかなり昔の話ですね。

以来マウスとキーボードはマクロソフト製と決めていたのですが、ここ最近マイクロソフト製に魅力的なマウスが存在しなかったので良いタイミングでロジクール製マウスを購入できました。

今使っているマウスはELECOM 7ボタンゲーミングマウス M-H2DLBKなのですが、エレコムらしくない使い易い良いマウスです。

ソフトウェアの出来も上々で細かく設定することが出来て重宝しています。

このELECOM 7ボタンゲーミングマウス M-H2DLBKは、もう1台新品未開封をストックとして保管している位お気に入りのマウスです。

このマウス、ワイヤードとワイヤレス両方に対応してケーブルを外すのが面倒なので常にワイヤードで使用しているのですが、今回購入したLogcool G602 Wireless Gaming Mouseはワイヤレス式なので久々にワイヤレス式マウスに戻ります。

今使っているELECOM 7ボタンゲーミングマウス M-H2DLBKはセカンドPCまたはリビングPCで使うことにして、今回購入したLogcool G602 Wireless Gaming MouseをメインPCで使うことにしますかね(・・)(。。)

と言う事で、NTT-X Storeから届いた状態がコレです。

logcoolg602_1_140426.jpg

輸送箱を開封すると、Logcool G602 Wireless Gaming Mouseが入っていて、ロジクールのパッケージも蓋が磁石式などしっかりとした作りになっています。

logcoolg602_2_140426.jpglogcoolg602_3_140426.jpg

セッティングが面倒なので、とりあえずここからの開封セッティングはまた今度で(^^ゞ

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2013年7月 5日

380円のMicroosft Basic Optical Mouse届く

先日アップしたエントリー記事「マイクロソフト Basic Optical Mouse 380円!」ですが、 PC・家電商品がお買い得!NTT-X Store で土曜日に1個注文しておいたのが翌日到着しました。

Microosft Basic Optical Mouse


PC・家電商品がお買い得!NTT-X Store は、しっかりとした梱包と早めの発送で安心感があります(^。^)

今回セール品と言うことで380円で購入しましたが、マイクロソフトの参考価格は1,040円(税別)、Amazon.co.jp価格は791円となっているようです。

今回購入した「Microosft Basic Optical Mouse」はマイクロソフトのマウスシリーズの中で一番下のグレードとなるマウスで、[光学式][ワイヤード][左右対称][3ボタン][フルサイズ]のシンプルなマウス。

ここ最近ワイヤレス式のバッテリー内蔵マウスばかり使ってきたので、久々にこの軽さにはビックリさせられましたσ(^◇^;)

軽くてシンプルなマウスと言うことで、このマウスはリビングに設置してあって小学4年生の娘が使う自作PCで使う事にします。


Microosft Basic Optical Mouse

Microosft Basic Optical Mouse

Microosft Basic Optical Mouse

Microosft Basic Optical Mouse

Microosft Basic Optical Mouse


Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2013年2月19日

AKG セミオープンヘッドフォン K121STUDIOをようやく開封

AKG プロフェッショナルモニター・セミオープンヘッドフォン K121STUDIO

昨年末に「安心・安全なオンラインストアNTT-X Store 」で、日替わり特価品として購入していたヘッドフォン「AKG プロフェッショナルモニター・セミオープンヘッドフォン K121STUDIO」を、ようやく箱から出してみました(^^ゞ

前々から低価格のオーバーヘッド装着方式のヘッドフォンが欲しくて、たまたまNTT-X Storeの日替わり特価品で「AKG プロフェッショナルモニター・セミオープンヘッドフォン K121STUDIO」を見かけて、Amazon.co.jpと比べるとほぼ半額の価格だったので、このヘッドフォンについてほとんど調べる事なく衝動買いしてしまったヘッドフォンです。

輸送箱から取り出すと、予想に反してしっかりしたパッケージで、思ったより高級感があります。

AKG プロフェッショナルモニター・セミオープンヘッドフォン K121STUDIO

AKG プロフェッショナルモニター・セミオープンヘッドフォン K121STUDIO

パッケージからヘッドフォンを取り出すと、なかなか格好いいヘッドフォンって言うのが第一印象。

AKG プロフェッショナルモニター・セミオープンヘッドフォン K121STUDIO

注文するときには、ゴールドのカラーの部分が安っぽい派手さを感じていたのですが、実際に見ると落ち着いたゴールドで、なかなか良い雰囲気を出しています。

AKG プロフェッショナルモニター・セミオープンヘッドフォン K121STUDIO

長いと思った3mのコードも部屋で使うには、そんなに邪魔になることもなく、長ければそれだけ移動範囲が広くなるので案外便利です。

AKG プロフェッショナルモニター・セミオープンヘッドフォン K121STUDIO

そして、軽いのも好印象。

実際の音ですが、そこまで聴いていないので何とも言えないのですが、想像していたよりもかなり良い音でした(^。^)

音楽のジャンル問わず、クリアーな音を醸し出して、忠実に再現してくれる感じです。

難点は、メガネを掛けて使っているとすぐに耳が痛くなること。メガネを少しずらして使っておけば大丈夫ですが。

と言っても、オーバーヘッド装着方式のヘッドフォンを購入したのは初めてで、先日子供が購入したELPAのヘッドフォンと比べるその差歴然って言った感じで、この「AKG プロフェッショナルモニター・セミオープンヘッドフォン K121STUDIO」が格安で手に入ったので、今回の物欲充実度は満足です(#^.^#)

そのELPAの所有者の娘がこのヘッドフォンを見て、欲しい!って言われて、そのまま独占状態に( ̄0 ̄)

なんだ、この娘・・・先日ELPAのヘッドフォンを手に入れて、ヘッドフォンに目覚めたのか!w


Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2012年12月28日

とりあえずヘッドホン購入完了

いきなりですが、検討中でしたヘッドホン購入しました!w

今回購入したヘッドホンは、「AKG プロフェッショナルモニター・セミオープンヘッドフォン K121STUDIO」になります。

なぜこのヘッドホンに決まったかと言うと、先日の「BUFFALO 高速カードリーダー/ライター 3倍速TurboPC EX 58メディア対応 シャイニーブラック BSCR14U2BK」を購入した「安心・安全なオンラインストアNTT-X Store 」のサイトで開催中の「12th Anniversary SALE!!」で、このヘッドホンが売られていたからなんです。

NTT-X Store 12th Anniversary SALE!! AKG プロフェッショナルモニター・セミオープンヘッドフォン K121STUDIO

このセールでの値段は、「AKG プロフェッショナルモニター・セミオープンヘッドフォン K121STUDIO」は、3,980円と言う事で、とりあえず調べて見ると、Amazon.co.jpでは、約8,000円で売られていて、ちょっとビックリ(゜ロ゜)

Amazon.co.jp価格の半額で手に入れることができると有って、俄然このヘッドホンに興味が出てしまい、サイトでのレビューを見てみると、評価は悪くなく、この価格帯でサウンド自体についてはかなりの高評価です。

ただ気になるところもあって、長時間装着していると、イヤーパッドが薄いためか耳が痛くなるとのこと。また、コードが3mもあるので、完全自宅用になることの2点。

後は、発売日が2009年6月と言うことで、結構古いモデルになるようです。ただ、Amazon.co.jpでも、未だに国内正規品として販売されている所を見ると、生産中止にはなってはいないようですが(?)。

イヤーパッドが薄い件については、上位モデル「AKG K142HD」の標準パッド(2,310円)が、そのまま使えるので、こちらに交換すると解決するので、使っていく内に不満が出れば、そのうち交換すると思います。

コードが3m有る件については、とりあえず自分の部屋だけで使う予定なので問題無しかと。

と言う事で、調べていく内に、どんどんと在庫が無くなっていくので、勢いで注文してしまった感じもありますが(^^ゞ とりあえず年内にヘッドホン購入完了です。


 

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加