タグ「PC周辺機器」 の検索結果(1/1)

2016年6月 5日

念願のトラックボール購入する

大げさなタイトルですが(^^ゞ

何度購入しようとかと思ったエレコムのワイヤレストラックボール『M-DT1DRBK』『M-DT2DRBK』。

このエレコムのワイヤレストラックボール『M-DT1DRBK』『M-DT1DRBK』は、人差し指で操作するトラックボールになります。

エレコム ワイヤレストラックボール M-DT1DRBK

これまで、ロジクールやエレコムのトラックボールを購入しようと思いつつ購入出来ていませんでした。

その理由は、単純に現在不自由なくマウスを使っていて、今使っているロジクールのワイヤレスゲーミングマウス G602が気に入っているからなんですよね。

このロジクール ワイヤレスゲーミングマウス G602の唯一の欠点は、チルトホイール機能が無いため左右の移動が面倒なところでしょうか。

昔からトラックボールには憧れを持っていて、常々トラックボールを使ってみたいと思っていて、時々Amazon.co.jpなどで調べていました。


自分がトラックボールに出会ったのは、遙か昔ゲームセンターで、MISSILE COMMAND(ミサイルコマンド)と言うアーケードゲームに出会った時ですかね(多分)。

地上の基地を守りながら上部から降って来る敵ミサイルを破壊するゲームで、そのミサイルの発射位置を決めるのにトラックボールで位置合わせすると記憶しているのですが、記憶が定かではありませんσ(^◇^;)


このエレコムのトラックボールには、見た目同じで型番『M-DT1DRBK』『M-DT2DRBK』が2種類存在します。

但し、トラックボール自体に違いは無く、『M-DT1DRBK』は通常パッケージ『M-DT2DRBK』は簡易パッケージで、Amazon.co.jpではこの2種類が販売されていたりします。

但し、簡易版の『M-DT2DRBK』の方が絶対に安いと言う訳で無く、一般に多く流通している『M-DT1DRBK』の方が安いことが多いようです。


Amazon.co.jpで『M-DT1DRBK』を調べてみると、4,190円で販売されているではないですか!

価格.comで調べてもこれは結構な安さです。

しかし、販売・発送先がJoshin webになっているので、念のため本家のJhoshinネットショッピングで『M-DT1DRBK』を確認してみると、同様に4,190円で発売されています。

但し、こちらは42ポイントが付加されるので、ちょっとだけお得ですけどね。

しかし、これからまだ有って、Joshinネットショッピングでは、対象2,000円以上でその場で使えるwebクーポンが発行されていて、「マウス・キーボードに使える200円webクーポン」を使うと200円引きされます。

このwebクーポンで200円引きされると、4,000円を切る価格となり価格.comでダントツの1位となります。

試しにカートに入れてみると、何故か「さらに割引額」と言う項目が表示されて割引額-420円が追加されました。

しかも、今月自分の誕生日月なので、バースデークーポン300円webクーポンが追加されて、合計の値引き額は 920円となります。

と言うことで、エレコムのワイヤレストラックボール『M-DT1DRBK』本体が 4,190円で、ここからトータルの値引き額 920円を引いて、最終的な支払い金額は 3,270円となりました。

エレコム ワイヤレストラックボール M-DT1DRBK

これは買わねば!と言うことで、ダイニングテーブルやオーブンレンジなどで散財しちゃったので、取りあえず自分の誕生日プレゼントはこのエレコムのトラックボールで良いかな(笑)

今まで、4,000円後半で売られていた時にも買わなくて良かった(笑)



Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2016年5月26日

キッチンで使うUSB扇風機を購入

先日オーブンレンジを購入して設置したときに、ふとキッチンにUSBファンを取り付けようと思いついて、早速適当なUSBファンを探したところ、Amazon.co.jpでクリップ型のUSBファンを発見。

そのUSBファンは「Keynice USB扇風機 卓上 クリップ型 静音 USBケーブル1.5m ミニ扇風機 風量2段階調節 360度角度調整 4枚羽根 USBファン」になります。

扇風機だと大きくて邪魔になるし、その点USBファンだと小型で且つクリップ型だと場所問わずどこでも設置できるので便利かと思い、Amazon.co.jpベストセラー1位と言うこともあって購入してみました。

カラーはブラックとホワイトの2色有って、自分で使う場合はブラックなのですが、今回はキッチンで使うと言うことでホワイトに決定です。

我が家では結構このUSBファンが活躍しています。

自分のPCデスクに2台と子供達の机にそれぞれ1台ずつ合計4台。

NTTのルーターとNECのWi-Fiホームルータ親機の冷却用に合計3台。

使っていない(効果が無い)USB扇風機が2台有ります。

キッチンで必要無かったら自分が使うことにします(^^ゞ

Amazon.co.jpから到着。

大雨の日に届いたため箱は濡れて変形してました( ̄0 ̄)

Keynice USB扇風機 卓上 クリップ型 静音 USBケーブル1.5m ミニ扇風機 風量2段階調節 360度角度調整 4枚羽根 USBファン

中身はビニールで包まれているため商品自体には問題は無く一安心。

Keynice USB扇風機 卓上 クリップ型 静音 USBケーブル1.5m ミニ扇風機 風量2段階調節 360度角度調整 4枚羽根 USBファン

思ったより結構大きなパッケージです。

Keynice USB扇風機 卓上 クリップ型 静音 USBケーブル1.5m ミニ扇風機 風量2段階調節 360度角度調整 4枚羽根 USBファン

中身を取り出すと、想像以上の大きさでした(@_@)

Keynice USB扇風機 卓上 クリップ型 静音 USBケーブル1.5m ミニ扇風機 風量2段階調節 360度角度調整 4枚羽根 USBファン Keynice USB扇風機 卓上 クリップ型 静音 USBケーブル1.5m ミニ扇風機 風量2段階調節 360度角度調整 4枚羽根 USBファン

そのお陰で結構な風量で、ちょっとしたミニ扇風機って感じでしょうか。

今までUSB扇風機を購入して風量が物足りないため使ってないのもあったのですが、これは良いです。

風量は2段階【強弱】有り、【弱】でも十分ですが、特に【強】にすると風量は十分で音も結構静かです。

自由に回転(360度)出来好きな方向に向きを変えられ、クリップによりどこでも装着することが出来て設置場所には困りません。

今まで購入してきたUSB扇風機の中で一番気に入りました(´▽`)ノ

もう1台ブラックを買おうかな(^^ゞ


 


Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2016年3月11日

USB急速充電器 Anker PowerPort 10 購入

2014年5月にAmazon.co.jpで購入した「Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ PowerIQ搭載」。

元々自分専用に使うつもりで購入してメインPC横で使っていたのですが、1階のリビングで充電するUSB機器が多くなったためリビングに移設して家族用に使っています。

リビングで充電が必要となるUSB機器は、ここ最近多くなってしまい、「キッズケータイ」「iPad Air 2」「次女用Wi-Fi専用Xperia(自分のお古のXperia)」「子供用学習タブレット」「時々自分のスマホ」「自撮り棒」、そして今後は、奥さんや子供達のスマホも加わると思うので5ポートでは足らない状況です。

この「Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ PowerIQ搭載」は、2015年9月に一番上のポートが使えなくなって交換対応をして頂いたのですが、再びその症状が再発してしまい今度は2ポートが使えなくなってしまいました(>_<)

と言うことで、18ヶ月の保証期間も終わっているので現在細々と3ポートで稼働中ですw

しかし、3ポートでは全然ポート数が足りないので、新しいUSB充電器が必要かなって思っていたところ、Amazon.co.jpのタイムセールで「Anker PowerPort 10 (60W 10ポート USB急速充電器) PowerIQ & VoltageBosot搭載(ホワイト)」が売られていて、AnkerのUSB充電器のポート死亡現象が頭に過ぎりつつもポート数の多さと安さには勝てずに注文してしまいました(^^ゞ

USB急速充電器 Anker PowerPort 10

Amaon.co.jpのレビューもあまり悪いことも無かったので。

自分専用で使う場合はブラックが良かったのですが、タイムセールで販売されていたのはホワイトのみだったため家族用と言うことも有りその辺りは妥協しました。

これで再びポート死亡不具合が発生するのであれば、今後AnkerのUSB充電器を買うことは無いでしょう。

と言うことで、Amazon.co.jpから到着です。

USB急速充電器 Anker PowerPort 10

最初に購入した「Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ PowerIQ搭載」と比較するとかなりチープなパッケージになってしまいましたが、それでもホワイトとスカイブルーを使ったオシャレ感の有るパッケージが良いです。

USB急速充電器 Anker PowerPort 10 USB急速充電器 Anker PowerPort 10

本体もスッキリしたデザインで好感が持てます。

USB急速充電器 Anker PowerPort 10 USB急速充電器 Anker PowerPort 10 USB急速充電器 Anker PowerPort 10 USB急速充電器 Anker PowerPort 10 USB急速充電器 Anker PowerPort 10

次に念のため全てのポートで充電出来るか確認しておきました。

これ重要です!当たり前ですが全ポートOKでした。

早速リビングの「Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ PowerIQ搭載」と入れ替えておきました。

USB急速充電器 Anker PowerPort 10

「Anker PowerPort 10 (60W 10ポート USB急速充電器) PowerIQ & VoltageBosot搭載」は、「Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ PowerIQ搭載」と違ってオンオフのスイッチが付いており、その状態をLEDで確認出来るので便利です。

これで当面便利に使えそうなのですが、今後は定期的にポートの充電状況を確認しておく必要がありそうです。

保証期間は18ヶ月保証なので、特に保証が切れる前は忘れずに確認しとかないと(・_・)(._.)


 


Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2016年2月19日

SteelSeriesの壁紙(Wallpaper)

昨日のエントリー記事でも書きましたが、Amazon.co.jpで並行輸入品として購入した「SteelSeries QcK mass マウスパッド」はコピー品が判明したのですが、せめて壁紙をSteelSeries仕様にしてみましたσ(^◇^;)

しかし、色々と見てみると意外にも気に入るSteelSeriesの壁紙が無いですよね(・_・、)

Logicool / Logitech同様に、適当な素材で壁紙を作ってみました。

Logicool / Logitechと比べると白と黒の2色のみの構成なので、特に考えずSteelSeriesのロゴを右上と左下に配置してみました。

なかなか使い易い壁紙になりました(´▽`)ノ

SteelSeriesの壁紙 SteelSeriesの壁紙 SteelSeriesの壁紙 SteelSeriesの壁紙

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2016年2月11日

Logicoolの壁紙(Wallpaper)

マウスもロジクールのゲーミングマウス(Logcool G602 Wireless Gaming Mouse)、マウスパッドもロジクールのゲーミングマウスパッド(Logicool G640)、ついでにスピーカー(Logicool Bluetooth スピーカー Z600WH)もロジクールと言うことで、期間限定で壁紙をロジクールにしようと思いつつ探してみたのですが、なかなか良いのが見つからず(・_・、)

仕方が無いので、適当な素材で壁紙を作ってみました。

まぁ、そこそこ満足です(´▽`)ノ

Logicool G Wallpaper

と言うことで、しばらくこの状態で使うことにしますかね(・_・)(._.)

Logicool G Wallpaper Logicool G Wallpaper



Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2016年1月23日

低価格ワイヤレスヘッドフォン Creative Sound Blaster JAM

以前から気になっていたクリエイティブの低価格Bluetoothヘッドフォン「Creative Sound Blaster JAM NFC対応 Bluetooth 83g 軽量 音声通話可 ワイヤレスヘッドホン HS-SB-JAM」を思い切って購入しました。

低価格ワイヤレスヘッドフォン Creative Sound Blaster JAM

年末の部屋のレイアウト変更により、PCとオーディオ(BOSE 121 & BOSE PLS-1310)を切り離したので、今使っているヘッドフォン(AKG プロフェッショナルモニター・セミオープンヘッドフォン K121STUDIO)は、完全に音楽専用になってしまいました。

そこで夜中に大きな音で鳴らすわけにもいかないので、手軽に使える3,000円程度のワイヤレス式ヘッドフォンを探すことにしました。

この価格帯のヘッドフォンに音質は求めておらず、それよりも手軽に便利に使えれば良いかなと。

Amazon.co.jpでチェックしてみると、この価格帯のワイヤレス式ヘッドフォンは結構な種類が出てますね。

今回「Creative Sound Blaster JAM NFC対応 Bluetooth 83g 軽量 音声通話可 ワイヤレスヘッドホン HS-SB-JAM」に決めた理由は、低価格ヘッドフォンでBluetoothデバイスが2台まで同時接続可能なこと。これに尽きます!

PCとスマホの同時接続しておけば、PCで使っているときに着信が有ってもフリーで電話が取れると言う訳です。

と言うことで、Amazon.co.jpから到着です。今年初のAmaon.co.jpでのお買い物です。

低価格ワイヤレスヘッドフォン Creative Sound Blaster JAM 購入 低価格ワイヤレスヘッドフォン Creative Sound Blaster JAM 購入 低価格ワイヤレスヘッドフォン Creative Sound Blaster JAM 購入

手に取ってみた最初の印象は、ズバリおもちゃです(笑) この価格帯のヘッドフォンなのでそんなものですね。

それでもクリエイティブらしくカッコいいデザインしています。

低価格ワイヤレスヘッドフォン Creative Sound Blaster JAM 購入 低価格ワイヤレスヘッドフォン Creative Sound Blaster JAM 購入

そして軽いこと!ケーブルレスだし装着しているのを忘れそう(笑)

普通はめがねを掛けている自分ですが、痛くなったりすることはありません。

音質についてはそれなりですが、あまり音楽を聴くには向いてないですね(^^;

Window/Mac対応「Sound Blaster JAM コントロールパネル」のアプリはインストールすると印象が変わるのかもしれませんが、まだインストールはしていません。

それよりもBluetoothデバイスが2台まで同時接続できる事が便利なので、音質については気にしないことにします(・_・)(._.)

その他、音量ボタンやBluetooth音声の低音を強化するバスエンハンスメントボタンの操作ボタンも便利です。

外に持ち出すことは無いのですが、ワイヤレス式なのでスマホと常に一緒に家中持ち歩いているような気がしますσ(^◇^;)

メインはPCとの接続に購入したのですが、スマホ専用になりそう(笑)

気になる点として、今後のバッテリーの劣化ですね。

特にバッテリー交換出来る構造ではないので、バッテリーの劣化については低価格ヘッドフォンなので妥協する必要があるかと思います。



Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2015年10月27日

ELECOM 人差し指用 トラックボールマウス M-DT2DRBK

ELECOMから新しいトラックボール「M-DT2DRBK」が11月20日に発売されます。

人差し指用で、8ボタン チルト機能搭載 ボタン割当て可能 ブラック と言う内容。

これがELECOMらしくないデザインで、なかなか物欲をそそるデザインです。

しかも、人差し指用と言うのがいいですね(^。^)

ELECOM 人差し指用 トラックボールマウス M-DT2DRBK ELECOM 人差し指用 トラックボールマウス M-DT2DRBK ELECOM 人差し指用 トラックボールマウス M-DT2DRBK elecom_m-dt2drbk4_151026.jpg ELECOM 人差し指用 トラックボールマウス M-DT2DRBK

ELECOMのトラックボールと言えば、「ELECOM ワイヤレストラックボール 5ボタン チルト機能 握りの極み ブラック M-XT1DRBK」ですが、これも色々と不具合が報告されていて購入には今一歩でしたが、この後継機として「ELECOM ワイヤレス トラックボールマウス 6ボタン チルト機能 握りの極み ブラック M-XT3DRBK」が発売されています。

これらの不具合がフィードバックされて完成度が高ければ言うこと無しです。

もう少し値段が下がれば欲しいところです。

現在約6,800円にてAmazon.co.jpで予約受付中です。



Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2015年9月16日

Anker 40W 5ポート USB急速充電器 故障対応

昨年の5月に購入した『Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ PowerIQ搭載』が故障してしまいました。

故障の症状は、5個有るポートのうち一番上のポートだけ充電不可となってしまいました(ノД`)

『Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ PowerIQ搭載』は、現在リビングに設置していて、iPad Air 2、子供用タブレット、モバイルバッテリー、子供用スマホ、子供用ケータイなどの充電に使っていてフル活用しています。

そのためポートが一つ使えなくなると結構不便になるのですが、既に1年以上経過しているので保証期間が過ぎている・・・と思っていたところ このANKER製品は18ヶ月保証対象だったので保証期間内でしたヽ(^。^)丿

電話でも良いのですが時間が無かったので、ANKERサポートページのフォームから連絡することに。

ANKERサポートページ

保証書は必要無くAmazon.co.jpまたは楽天市場の注文番号を入力する事でANKER側で確認してくれます。

朝連絡を入れてその日のうちにメールが返ってきました。

その内容は、電源及びUSB充電ケーブルを全て抜いた状態で30分ほど経ってから再度症状を確認して欲しいという旨の内容と、シリアルナンバーと所在地の確認でした。

電源及びUSB充電ケーブル全てを抜いた状態で30分ほど待って確認しても症状は変わらなかったので、その旨返信すると代替品を送ってくれるとのことでした。

と言う事で最初にメールを出してから4日目で代替品が到着です。

代替品と言っても9月11日発行日の注文書付きで新しいパッケージが届いたので新品ですね。

Anker 40W 5ポート USB急速充電器 代替品到着 Anker 40W 5ポート USB急速充電器 代替品到着

これがエレコムとかだったら、幾ら未使用の新品でも最初に品物をセンターに送って、そこから代替品が無い状態でかなり待たされて戻ってくるので、今回のANKERの対応は素晴らしいですね。

なお、故障した『Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ PowerIQ搭載』は、不具合品の本体のみを別便で送られてきた封筒に入れて2週間以内に返送する必要があります。

前回購入した『Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ PowerIQ搭載』と今回送られてきた『Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ PowerIQ搭載』を比較してみると、

前回購入した『Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ PowerIQ搭載』はUSB急速充電器本体と並んで電源ケーブルが納められていたのが、今回送ってきたのはUSB急速充電器本体の下側に電源ケーブルが納められていて、今回送ってきた『Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ PowerIQ搭載』のパッケージは、より正方形に近い形に変わっていました。

Anker 40W 5ポート USB急速充電器 代替品 Anker 40W 5ポート USB急速充電器 代替品

次にUSB急速充電器本体を比べてみると、大きく違うのがポートの向きが上下逆さになっていました。

故障品と代替品 比較

またペイント文字も違っていたり、シリアルNo.が記載されたシールからペイント記載に変更されています。

故障品と代替品 比較

と、1年と少しの間で色々とマイナーチェンジが有ったようで、多分内部も変更があったのでしょうね。

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2015年8月22日

ELECOM 木のスピーカ 2.1W USB ブラック MS-W11UBK

リビングに設置してある家族用PCのスピーカーとして「ELECOM 木のスピーカ 2.1W USB ブラック MS-W11UBK」を選択。

最終的に「ELECOM 木のスピーカ 2.1W USB ブラック MS-W11UBK」と「ELECOM 木のスピーカ 1.2W USB シルバー MS-W11USV」のカラーで悩んで、なぜか「ELECOM 木のスピーカ 1.2W USB シルバー MS-W11USV」が若干安いですよね。

モニターがブラックなので、モニターのカラーに合わせて「ELECOM 木のスピーカ 2.1W USB ブラック MS-W11UBK」に決定しました。

事前に BOSE Wave Music System は、寝室に移動させておきます。

BOSE Wave Music System BOSE Wave Music System

Amazon.co.jpから到着。

Amazon.co.jpから到着 Amazon.co.jpから到着

「ELECOM 木のスピーカ 2.1W USB ブラック MS-W11UBK」はこんな感じです。

ELECOM 木のスピーカ 2.1W USB ブラック MS-W11UBK ELECOM 木のスピーカ 2.1W USB ブラック MS-W11UBK ELECOM 木のスピーカ 2.1W USB ブラック MS-W11UBK ELECOM 木のスピーカ 2.1W USB ブラック MS-W11UBK ELECOM 木のスピーカ 2.1W USB ブラック MS-W11UBK ELECOM 木のスピーカ 2.1W USB ブラック MS-W11UBK ELECOM 木のスピーカ 2.1W USB ブラック MS-W11UBK

この価格帯にしては、超小型の木のスピーカーと言う事でしっかりした作りと言うのが印象です。

これだとサウンドについても期待できるのではないでしょうか。

と言う事で、リビングの家族用PCに設置。

そのまま縦置きに設置するとモニターと干渉してしまうため横置きで設置です。

一応ゴムの滑り止めが付いているので、これを取って横置き用に付け直しておきました。

滑り止めゴム付け替え 滑り止めゴム付け替え

電源供給も音出力もUSBケーブル1本で済むので配線はスッキリです。

あまり配線をゴチャゴチャしたくなかったのでこれは助かります。

設置するとこんな感じになりました。

ELECOM 木のスピーカ 2.1W USB ブラック MS-W11UBK 設置完了 ELECOM 木のスピーカ 2.1W USB ブラック MS-W11UBK 設置完了 ELECOM 木のスピーカ 2.1W USB ブラック MS-W11UBK 設置完了

実際のサウンドですが、思っていた以上に迫力有るサウンドで、この価格帯のスピーカーでこれだけの音が出れば十分でしょう。

音楽なども十分に聴く事が可能です(^。^)


設置後しばらくして結局横置きから縦置きに戻しました(^^ゞ

奥さんと子供達が使うためとりあえず音が出てれば問題無いレベルなのと、スペース的な問題、見た目の問題(スピーカーが目立ちすぎ)でモニターの後ろ側に縦置きで設置し直しました。

ELECOM 木のスピーカ 2.1W USB ブラック MS-W11UBK 設置完了

大した問題では無いのですが、前側の非木材箇所は汚れや小傷が目立つので(木材箇所は問題無し)、シルバー(ELECOM 木のスピーカ 1.2W USB シルバー MS-W11USV)にしておけばと思った次第です。



Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2015年8月20日

格安PC用スピーカーの検討

今回リビングに SONY マルチオーディオコンポ CMT-SX7 が来た事ため、ほぼPCのスピーカーとしてしか使っていない BOSE Wave Music System が更に勿体ない状況になってしまうので他の部屋に移動することにしました。

ここで問題となるのがPCのスピーカー。当然 BOSE Wave Music System を取り外すとPCから音を鳴らす手段が無くなります(^^ゞ

とりあえず音が出れば良いので、Amazon.co.jpで2,000円以下の安いスピーカーを物色することにしました。

その結果候補に上がったのが4機種。


LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW

ロジクール ステレオスピーカー Z120BW

Amazon.co.jpのベストセラー1位のスピーカーです。

レビューの評価も良く、コンセント不要のUSB給電、3.5mmオーディオ入力と、ACアダプターが不要な所も良いですね。

但し、自分はこのホワイトカラーとデザインが今一歩好きになれないのが残念なところ( ̄。 ̄;)


LOGICOOL マルチメディアスピーカー Z150 ブラック Z150BK

ロジクール マルチメディアスピーカー Z150 ブラック Z150BK

LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BWの後継機種となり、ブラックとホワイトの2カラー用意されています。

LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BWに比べるとデザインも良くなっており、サウンドもLOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW以上に期待できます。

但し、LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BWと違ってAC電源タイプなのでコンセントが必要です。

価格が2,000円をオーバーするのがネックと言ったところでしょうか。

以上の2機種がLOGICOOL製で、メインPCでLOGICOOL Bluetooth スピーカー Z600WHを使っている自分としては安心感が有ります。

但し、両機種とも高さが有るためモニター下(高さ8cmまで)に設置出来ないのが問題で、どこに設置するか考える必要が有りそうです。

残り2機種はELECOM製です。


ELECOM Bevel shaped PCスピーカー ブラック MS-P03ABK

エレコム Bevel shaped PCスピーカー ブラック MS-P03ABK

このスピーカーもブラックとホワイトの2カラー用意されています。

このスピーカーの特徴は、幅80×奥行80×高さ70mmと兎に角コンパクトな所でしょうか。

今回4候補のうち唯一このスピーカーのみモニター下に問題無く設置することが可能です。

また本体前面に傾斜を付けたデザインを採用したことで、サウンドは自然と耳の方向に向けられているのも好感が持てます。

レビューを見る限りそれほどサウンドも悪くないようですし、問題無く設置出来るのでNo.1候補かも(^。^)

但し、AC電源タイプとなっているので、これがUSB給電だと尚良かったのですが・・・。


ELECOM 木のスピーカ 2.1W USB ブラック MS-W11UBK

エレコム 木のスピーカ 2.1W USB ブラック MS-W11UBK

ブラックとシルバーの2カラー用意されています。

何と言っても、この低価格スピーカーとしては珍しく木製キャビネットを採用していること。

また、ELECOM Bevel shaped PCスピーカー ブラック MS-P03ABKと違って、USBケーブル1本で接続可能です。

LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BWと、LOGICOOL マルチメディアスピーカー Z150 ブラック Z150BKと比べるとコンパクトなのですが、モニター下にはギリギリ設置することが出来ません(高さ9.1cm)。

と思ったのですが、横置きする事でモニター下にも設置することが可能です。

質実剛健なスピーカーらしいスピーカーですね。

以上、候補に上がった4機種なのですが、やはりモニター下に設置したいのでLOGICOOL製は候補から外しました。

残りはELECOM製のどちらかですが、価格もほぼ同じなんですよね。

自分が使うのでは無いのでどちらでも良いですが(笑)

ここはデザインが良く、サウンドが期待出来て、USB1本で接続が可能な「ELECOM 木のスピーカ 2.1W USB ブラック MS-W11UBK」でしょうか。

なお、ELECOM 木のスピーカ 2.1W USB ブラック MS-W11UBKは、Amazon.co.jpでは 1,480円になっていますが、エレコム直営店サイトで購入すると1,058円となっています。

但し、送料が540円ほど掛かってしまうので、何か他のモノを購入して2,160円以上にすれば送料無料となりお得です。

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2015年7月11日

PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP 導入

Amzon.co.jpに注文しておいた「PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP」が到着しました。

しかし、輸送箱が若干潰れていました(; ̄O ̄) ヤマト運輸も渡す時に一言言って欲しいですね。

アマゾン輸送箱 アマゾン輸送箱 アマゾン輸送箱

開封してみると中身は無事でした。

アマゾン輸送箱開封

しかし、何かが変・・・輸送箱の中身は商品の「PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP」のみ。いつも見慣れている白い紙が無い!

そう保証書になる納品書が入っていません!

納品書が入っていないのは初めてです。しかし、たまたま自分だけかもしれませんが最近のAmazon.co.jpはミスが多いこと( ̄。 ̄;)

と言う事で、Amazon.co.jpに連絡して納品書を郵送して貰うことになりました。

Amazon.co.jpからのサイトから印刷出来るのは知っているけど、精密機器なのでいつ壊れるか分からず、そのための最初の納品書(保証書)は保管しておきたいところです。

と今回はヤマト運輸にAmazon.co.jpに色々と有ったわけですが、ようやく品物とご対面です。

PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP

デザインが可愛らしいですね。パッと見た目はソフトバンクのお父さんのパクリのようなデザインで、家族は、ソフトバンクのお父さんをデザインしたいたと思ってました(笑)

コンパクトでシンプルです。ボタンも1個しか有りません。

早速、無線LAN親機の近くで「PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP」設定します。

付属の説明書には、WPSで無線接続する方法しか記載されていないので、その方法で試したところ正常に完了せず( ̄。 ̄;)

この原因は、無線LAN親機であるNEC Aterm WR9500Nの設定の"ステルス機能(SSIDの隠滅を行う)"がオンになっていた事により、「PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP」が無線LAN親機(NEC Aterm WR9500N)を見つける事が出来ないためでした。

そこでNEC Aterm WR9500Nの設定の"ステルス機能(SSIDの隠滅を行う)"を一旦オフにして、「PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP」を初期化後、再度WPSで無線接続する方法で試したところ簡単に接続する事が出来ました。

「PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP」の設定が完了したので、先ほど一旦オフにしていた"ステルス機能(SSIDの隠滅を行う)"をオンに戻しておきます。
(※設定後、無線LAN親機(NEC Aterm WR9500N)のタイマーや停電等で電源が切れると、再び「PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP」が無線LAN親機(NEC Aterm WR9500N)を見失うため、再度"ステルス機能(SSIDの隠滅を行う)"をオフにして接続する必要があります。)

設置はリビングの端のコンセントに設置。無線LAN親機から直線距離で5.5mぐらいと言ったところでしょうか。

PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP 受信感度 PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP 受信感度

この状態で「PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP」の感度はレベル0~レベル3間のレベル2です。

説明書によるとレベル2は、"無線LANルータとの接続はバッチリです。少し離れましたが、問題の無いレベルです。"とのこと。

ARROWS NX F-02GのWi-Fiの受信感度を確認すると、一階のどの場所で確認してもWi-Fiの感度は、ほぼレベル最大(たまに一つ下がる)となりました。

ただ、二階に上がると「PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP」との距離が離れるので当然レベルは低下します。

二階では無線LAN親機(NEC Aterm WR9500N)との通信に切り替える必要が有り、これは手っ取り早くスマホを再起動すれば良いのですが、その辺り面倒かも。理想は自動的に素早く切り替わってくれれば良いのですが、そうはならないないみたいです。

発熱に関しては、暖かくはなりますがそこまでの発熱も無く、前面にソケットが一口付いているのでコンセント口が塞ぐ事無く便利です。

と言う事で、低予算で簡単気軽に自宅Wi-Fiの有効範囲を広げるには良いと思います。お陰でストレス無く家中どこでもWi-Fiが使う事が出来るようになりました(^。^)



Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2015年7月 9日

無線LAN中継器を検討する

ARROWS NX F-02Gに変えたら、多少はWi-Fiの受信感度が良くなると思っていたのですが、期待していた程の改善は有りませんでした(ノД`)

我が家では、二階に無線LAN親機(NEC Aterm WR9500N)、一階に無線LAN子機(イーサネットコンバータモードのNEC Aterm WR9500N)が設置して有ります。

二階の無線LAN親機(NEC Aterm WR9500N)~一階の無線LAN子機(イーサネットコンバータモードのNEC Aterm WR9500N)間は、5GHzで通信されています(これはNEC Aterm WR9500Nの仕様で変更出来ず)。

一階の無線LAN子機(イーサネットコンバータモードのNEC Aterm WR9500N)は、無線LAN中継器としては使っておらず、一階にある無線LANを使用する端末機器(複合機、iPad Air 2、Wiiなど)は、二階の無線LAN親機(NEC Aterm WR9500N)と通信している状況です。

また、一階の無線LAN子機(イーサネットコンバータモードのNEC Aterm WR9500N)から、LANケーブルを使って PC、TV、Blu-rayに接続しています。


※我が家のネットワーク構成参照
我が家のネットワーク構成図


この一階の無線LAN子機(イーサネットコンバータモードのNEC Aterm WR9500N)を無線LAN中継器として使う事も可能なのですが、無線LAN中継器として使う場合、MACアドレスフィルタリング機能が利用不可、無線LAN中継器~端末機器間は2.4GHzのみの通信となる(5GHz不可)などの制約が発生してしまいます。

そのような訳で二階の無線LAN親機(NEC Aterm WR9500N)から困る事が無い程度の通信が出来ていたので、一階の無線LAN子機(イーサネットコンバータモードのNEC Aterm WR9500N)を、無線LAN中継器としては使っていませんでした。

しかし、ARROWS NX F-02Gを一階で使っていると自宅内Wi-Fiの通信が安定せず、いつの間にかdocomoの回線を使って通信していることが度々有り、早急に対策する必要が出てきました。

以前のXepria acro HD SO-03Dは、3G専用のためパケットの使用制限が無くその辺り気にせずに使っていたのですが、ARROWS NX F-02Gは、パケットの使用制限(2GBまで)が有り使い放題と言う訳にはいきません。

手っ取り早く、一階に設置してある子機(イーサネットコンバータモード)を、無線LAN中継器として使うことも考えたのですが制約や設定が面倒なため、現在各社メーカーから多くのモデルが発売されている無線LAN中継器を導入することにしました。

無線LAN中継器の人気商品と言えば、「BUFFALO 無線LAN中継機 エアステーション WEX-733D」で、802.11ac/802.11n/802.11a/802.11g/802.11bが使えるので将来的にも安心かと思ったのですが、調べていくと設定に難が有ったり、無線LAN中継器~端末機器(無線LAN子機)間は結局2.4GHzが一番安定するなど、自分の思っていたのと違っていました。

そこで目に付いたのがAmazon.co.jpのセールで安くなっていた「PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX300NP」です。

このPLANEXの無線LAN中継器は、11n/g/b(2.4GHz)のため「BUFFALO 無線LAN中継機 エアステーション WEX-733D」と比べると性能的には今一歩ですが、シンプルで消費電力が少なく、「BUFFALO 無線LAN中継機 エアステーション WEX-733D」を導入しても2.4GHzで通信するのであればこれでも良いかと思い、また、Amazon.co.jpの注文状況も見る見るうちに在庫が少なくなっていったので思わず注文してしました(笑)

と言う事で、あとはAmazon.co.jpから到着を待つだけです。



Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2015年6月30日

マイクロソフト Wedge Mobile Keyboard 到着!

先日エントリー記事でアップした「マイクロソフト ワイヤレス Bluetooth キーボード Wedge Mobile Keyboard U6R-00022」ですが、Amazon.co.jpで注文した翌日到着しました。

最近のAmazon.co.jpは、在庫が有ってもなかなか発送処理されなかったり、注文しても処理されなかったため一旦キャンセルして再度注文し直したり、今回も注文して翌日には到着したものの発送メール(伝票番号記載)が届かなかったりと、きっちりと仕事をしていない感じがするのですが・・・。

Amazon.co.jpさん、よろしくお願いしますね!

届いた「マイクロソフト ワイヤレス Bluetooth キーボード Wedge Mobile Keyboard U6R-00022」は、コレです。

アマゾンから到着 アマゾンから到着

マクロソフトのキーボードは久々の購入になるのですが、パッケージは随分開けやすくしっかりとした作りになっていました。

マイクロソフト Wedge Mobile Keyboard 開封

今まで幾つかのマイクロソフト製キーボードを購入してきましたが、このパッケージの出来が一番良いですね。

パッケージの蓋を開けると、いきなりキーボードが現れます。

マイクロソフト Wedge Mobile Keyboard 開封 マイクロソフト Wedge Mobile Keyboard 開封

そのキーボードを取ると、単4電池2本が現れます。

マイクロソフト Wedge Mobile Keyboard 開封

その仕切りを取ると、透明な仕切りが現れてキーボードカバー兼スタンドが見えます。

マイクロソフト Wedge Mobile Keyboard 開封

マイクロソフト Wedge Mobile Keyboard 開封

キーボードカバー兼スタンドを取ると取扱説明書などの冊子が現れて、これで全てになります。

マイクロソフト Wedge Mobile Keyboard 開封

最初にキーボードを手に取った感じは、そのコンパクトさに改めて驚きました。

キーボードについては、キーボードの周りのフレームには金属製が使われておりちょっとした高級感が感じられます。

マイクロソフト Wedge Mobile Keyboard 本体

キーボードを裏返すと単4電池格納部分が有り、その部分がスタンドになっています。

マイクロソフト Wedge Mobile Keyboard 本体裏側

キーボードカバー兼スタンドについてですが、これがキーボードよりも重さを感じます。

ここまでしっかりした作りにしなくてもと思ったのですが、スタンドを兼ねているのでこれ位のしっかり感が必要だったのでしょう。

ただ、このキーボードカバー兼スタンドをキーボードに装着については、もう少し工夫があった方が良かったかと。脱着し辛いですヽ(´o`;

マイクロソフト Wedge Mobile Keyboard キーボードカバー兼スタンド

実際入力してみた感想ですが、ストロークは浅いものの入力した感じがしっかりと有り最近のノートPCのペラペラなキーボードよりも入力し易いです。

また、電池格納部分によりキーボードに傾斜が付けられるため入力し易くです、超コンパクトキーボードの割にはタイピングに苦痛は感じられません。

マイナスポイントとしては、ファンクションキーが独立しておらずFnキーの同時押しとなる事。ファンクションキーを多用する自分としては、ファンクションキー分大きくなっても良いので独立して欲しかったところ。また、入力していくとキートップの表面がテカって行くのがマイナスポイントかと。

これが2,000円台で購入出来るのはお得でした(^。^) 自分的には久々のマイクロソフトのヒット作です(笑)

40%OFFの対象は、本日(6月30日)23時59分までとなっており、7月1日以降の注文になると7月16日(木)23時59分まで20%OFFとなり、またまたそれを過ぎると割引無しになってしまいます。

と思ったのですが、Amazon.co.jp販売分は、好評のためか納期1~2ヶ月になってしまいました(>_<)



Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2015年6月27日

マイクロソフト Wedge Mobile Keyboardが安い!

2012年9月に発売された「マイクロソフト ワイヤレス Bluetooth キーボード Wedge Mobile Keyboard U6R-00022」。


マイクロソフト ワイヤレス Bluetooth キーボード Wedge Mobile Keyboard U6R-00022 ms_マイクロソフト ワイヤレス Bluetooth キーボード Wedge Mobile Keyboard U6R-00022 マイクロソフト ワイヤレス Bluetooth キーボード Wedge Mobile Keyboard U6R-00022

このキーボード、マイクロソフト製のコンパクトなキーボードでデザインが良く、タブレットや省スペースの場所などで使うには何かと使い勝手の良さそうなので発売当初欲しい!と思っていたキーボードです。

しかし、発売当初の価格は8,000円程度と言う事で諦めたのでした(ノД`)

そして、ここ最近の価格は、Amazon.co.jpで4,000円程度に下がってきています。

現在Amazon.co.jpでは、「マイクロソフトのBluetoothデバイスが最大20%OFF」が開催されています。

マイクロソフトのBluetoothデバイスが最大20%OFF

そのマイクロソフトのBluetoothデバイス対象商品が

ブルートラックマウス Sculpt Touch Mouse 6PL-00007(20%OFF対象)
キーボード Wedge Mobile Keyboard U6R-00022(20%OFF対象)
マウス Arc Touch Bluetooth Mouse 7MP-00008(20%OFF対象)
マウス Sculpt Comfort Mouse H3S-00007(10%OFF対象)
キーボード Windows/Androidタブレット/iPad, iPhone対応 Universal Mobile Keyboard ブラック P2Z-00023(10%OFF対象)
キーボード Windows/Androidタブレット/iPad, iPhone対応 Universal Mobile Keyboard グレー P2Z-00051(10%OFF対象)

の6点となっています。

そして欲しかった「マイクロソフト ワイヤレス Bluetooth キーボード Wedge Mobile Keyboard U6R-00022」の20%OFF対象にヽ(^。^)丿

2015年6月27日 11:00現在「マイクロソフト ワイヤレス Bluetooth キーボード Wedge Mobile Keyboard U6R-00022」は、4,209円で売られているので3,368円になります。

これでも結構安くなったのですが、Amazon.co.jpでは、もう一つキャンペーンが開催されており、それは「レジで割引キャンペーン 第一弾」。

その中で「マイクロソフト ワイヤレス Bluetooth キーボード Wedge Mobile Keyboard U6R-00022」が20%OFFの対象となっています。

レジで割引キャンペーン 第一弾

つまり「マイクロソフトのBluetoothデバイスが最大20%OFF」キャンペーンと「レジで割引キャンペーン 第一弾」キャンペーンにより「マイクロソフト ワイヤレス Bluetooth キーボード Wedge Mobile Keyboard U6R-00022」が40%OFFで購入可能です。

特にクーポンの入力は必要無く、そのまま「マイクロソフト ワイヤレス Bluetooth キーボード Wedge Mobile Keyboard U6R-00022」をポチッとすると最後の「注文を確定する」の項目の欄で40%OFFの価格になっています。

4,209円に対して40%OFFのクーポンが自動的に適用され1,684円引きに、最終的な価格は2,525円になりました(^。^)

注文を確定する

なお、「マイクロソフトのBluetoothデバイスが最大20%OFF」キャンペーンは 6月30日(火)23時59分まで、「レジで割引キャンペーン 第一弾」キャンペーンは 7月16日(木)23時59分までとなっているので、40%OFFの対象となるのは、6月30日(火)23時59分までとなります。

と言う事で、注文完了です!( ・`ー・´) + キリッ



Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2015年2月 7日

PLANEX Bluetooth USBアダプタ MT-Micro4(メインPC用)

『LOGICOOL Bluetooth スピーカー Z600WH』を設置したので、セカンドPC(EditingPC)だけでなく、メインPC(MainNetworkPC)からもサウンドを鳴らしたいので、悩んだ挙げ句、Bluetooth USBアダプタを導入することにしました。

『LOGICOOL Bluetooth スピーカー Z600WH』付属のUSBトランシーバー経由だと音量調整が難しく、オーディオケーブルだと折角のスピーカーからケーブルが出る事になって美観を損ねると言う事で、Bluetoothに決定。

しかし、メインPC(MainNetworkPC)には、Bluetooth環境が無いため、Bluetooth USBアダプタが必要となってきます。

そんなに高いモノではないので購入することに。

先日購入した『Inateck Bluetooth USBアダプタ』を再度買うとしたところ価格が騰がってます(・_・、)

私が購入した後直ぐに値上げされたようです。

こうなると『Inateck Bluetooth USBアダプタ』よりも、定番な『PLANEX Bluetooth USBアダプタ』の方が安いので、『PLANEX Bluetooth USBアダプタ Ver.4.0+EDR/LE(省エネ設計)対応 BT-Micro4』を購入することに。

購入完了直後こちらも値上げされてました。

Bluetooth USBアダプタに関しては、良いタイミングで購入してます(^。^)

Amazon.co.jpから到着。

Amazon.co.jpから到着

パッケージはこんな感じ。

PLANEX Bluetooth USBアダプタ Ver.4.0+EDR/LE対応 BT-Micro4 パッケージ

パッケージを開封すると、Bluetooth USBアダプタ本体、スタートガイド、CD-ROM、取扱説明書が入ってます。

PLANEX Bluetooth USBアダプタ Ver.4.0+EDR/LE対応 BT-Micro4 付属品

『PLANEX Bluetooth USBアダプタ Ver.4.0+EDR/LE(省エネ設計)対応 BT-Micro4』本体。

かなりコンパクトな作りになっているので、PCから抜く時がし難いです。但し、ストラップ等を取り付けることが可能です。

PLANEX Bluetooth USBアダプタ Ver.4.0+EDR/LE対応 BT-Micro4 本体 PLANEX Bluetooth USBアダプタ Ver.4.0+EDR/LE対応 BT-Micro4 本体

Windows 7までは、付属のCD-ROMを使ってドライバをインストールします。

Windows 8以降は、Bluetooth USBアダプタ本体をPCに差し込むだけで、ドライバがインストールされます。

最初間違って、付属のCD-ROMからドライバをセットしてしました。案の定動作せず( ̄。 ̄;)

ドライバをアンインストールして改めて、Bluetooth USBアダプタをセットすると、ドライバのインストールが始まり、無事Bluetooth動作しました。

次にBluetooth機器『LOGICOOL Bluetooth スピーカー Z600WH』をペアリングして接続完了です( ・`ー・´)

普段は、この『LOGICOOL Bluetooth スピーカー Z600WH』で鳴らして、良い音で聴きたい時には『BOSE 121&PLS-1310』で鳴らすことにします。

PLANEX Bluetooth USBアダプタ Ver.4.0+EDR/LE対応 BT-Micro4 メインPCセット



Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2015年2月 2日

Bluetooth USBアダプタ

リビングに設置している自作PCにBluetooth対応のマウスを使うため、Bluetooth USBアダプタを購入することにしました。

現在Bluetooth関連機器を使っているのはセカンドPCのみで、Bluetooth対応のマイクロソフト製のキーボードと同じくBluetooth対応のiBUFFALO製のマウスを使っています。

リビングの自作PCは、主にママと子供達が使っているため、大きな高性能のゲーミングマウスよりも小さめのiBUFFALO製マウスの方が良いかなって思いセカンドPCのiBUFFALO製マウスを移設することにしました。

Amazon.co.jpで、Bluetooth USBアダプタを調べると以前購入したときよりも種類が少ないような・・・。

と言う事で、定番のPLANEX製かiBUFFALO製のBluetooth USBアダプタを購入しようと思ったのですが、色々と調べてみるとInateck製のBluetooth USBアダプタが良さげな感じだったので、馴染みの無いメーカーだったものの値段も安い事も有りこちらを選択することにしました。

と言う事で、今回購入したのは「Inateck Bluetooth USBアダプタ Ver4.0 BTA-BC4B6」になります。

注文二日後にゆうメール便で到着。

Inateck Bluetooth USBアダプタ Ver4.0 BTA-BC4B6

中身を確認すると簡単なパッケージです。

Inateck Bluetooth USBアダプタ Ver4.0 BTA-BC4B6

Bluetooth USBアダプタ本体と、ドライバーが入ったCD-ROM、英語のマニュアルの3点のみです。

Inateck Bluetooth USBアダプタ Ver4.0 BTA-BC4B6

Inateck Bluetooth USBアダプタ Ver4.0 BTA-BC4B6 Inateck Bluetooth USBアダプタ Ver4.0 BTA-BC4B6

今回購入したInateck Bluetooth USBアダプタをリビングPCで使おうかと思ったのですが、セカンドPCで使っているPLANEX製のBluetooth USBアダプタをリビングの自作PCに移設して、今回購入したInateck Bluetooth USBアダプタをセカンドPCで使うことにしました。

セカンドPCの設定しているBluetooth接続機器の設定を一旦削除して、付属のCD-ROMのドライバーをインストール。

インストール途中で、Bluetooth USBアダプタを接続してドライバーインストール完了です。

無事にBluetooth対応のマイクロソフト製キーボードを認識でき正常に動作しています。

次にリビングの自作PCに、セカンドPCで使っていたPLANEX製のBluetooth USBアダプタをセットしてiBUFFALO製マウスを認識させて完了です。

しかし、無事にマウスは動作したのですが、マイクロソフトのBluetooth更新プログラムを導入するとBluetooth USBアダプタが認識しなくなる現象が発生。仕方なくシステム復元で更新プログラム導入前に戻して無事完了です(^^ゞ



Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2014年12月15日

年賀状作成完了!

今年は、珍しく郵便局の年賀はがき引受開始日の12月15日(月)までに年賀状が完成しましたヽ(^。^)丿

実家と我が家(自分用、奥さん用、次女用)年賀状の表と裏、年賀状約250枚印刷完了です。

年賀状作成完了

しかし、その年賀状作成途中にアクシデント発生。

年賀状印刷に使っているプリンタは、2005年に発売されたEPSON Colorio PM-A950なのですが、今回紙(年賀状)の給紙が正常に動作せず、また、途中原因不明のエラーが発生するなどの症状が発生。

EPSON Colorio PM-A950 EPSON Colorio PM-A950

古いプリンタなので、そろそろヤバい雰囲気は有ったのですが(ーー;)

この複合機プリンタの良いところは、背面給紙機能が有ること。

この背面給紙によりハガキを折り曲げる事なく、50枚連続で印刷出来るのです。

EPSON Colorio PM-A950 背面給紙機能

今販売されている複合機プリンタは、背面給紙が無い!

Canonは皆無、EPSONは、1枚だけ手差し可能な背面給紙機能があるようですが、これでは役に立ちません。

自分にとってこの機能は必須のため、今の市販されている複合機プリンタは買う事ができないです。

悔やむのは、昨年10月にEPSON Colorio EP-705Aが、NTT-Xストアで8,000円で売られていたときに購入しておけば良かった(´・д・`)

この背面給紙機能の要望は多いので、そのうち復活すると思うので、それまでは、EPSON Colorio PN-A950に何とか頑張って貰う事にします(^。^)

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加