タグ「PCパーツ情報」 の検索結果(3/6)

   1   2   3   4   5   6   

2014年4月25日

LGエレクトロニクス製 液晶モニタ 34UM95-P

今発売されているDellなどの4Kモニタは3840x2160と言う解像度のため、24インチや28インチ程度のモニタの場合、テキスト文字などが小さい分見難くなるので、やはりモニタとしては32インチぐらいの大きさは欲しいところ(ノートやタブレットは別)。

自分の場合現在使っているDell Uシリーズ U2713HMの2560x1440の解像度が限界と言ったところでしょうかσ(^◇^;)

と言っても、31.5インチの4Kモニタ Dell Uシリーズ UP3214Qは300,000円もするお値段なので、そう簡単に手を出す事ができません(ノД`)

そこで少し気になるモニタが先日発売されました。

それはLGエレクトロニクス製の液晶モニタ「34UM95-P」。 LGエレクトロニクス製 液晶モニタ 34UM95-P LGエレクトロニクス製 液晶モニタ 34UM95-P LGエレクトロニクス製 液晶モニタ 34UM95-P LGエレクトロニクス製 液晶モニタ 34UM95-P LGエレクトロニクス製 液晶モニタ 34UM95-P

LGエレクトロニクス製の液晶モニタ「34UM95-P」 はアスペクト比21:9のシネコンサイズ採用の液晶モニタで、解像度は34インチで3440x1440(ultra-wide QHD)となっています。

4Kモニタの3840x2160の解像度には及ばないものの3440x1440の解像度モニタを100,000円台前半で購入することが可能です。

または、Dell Uシリーズ U2713HMを2台購入してデュアルモニタとして使うかですね。これだと5120×1440の解像度を得る事が可能です。但し設置場所の問題もありますが(^^ゞ

そのLGエレクトロニクス製の液晶モニタ「34UM95-P」 は、価格.comの一番安いショップで120,000円を少し切る程度なのですが、NTT-Xストアでは、現在販売価格121,370円に対して、NTT-X Store 会員割引クーポンが21,390円分付いてくるので実質99,980円で入手することが可能です(ノ゚ο゚)ノ

LGエレクトロニクス製の液晶モニタ「34UM95-P」 は、右と左半分ずつにそれぞれ別の機器から映像入力することも可能となっているので、2台のPCで1台のモニタと言う事で2台分モニタ購入って考えると良いのかもw


Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2014年4月22日

NZXT ミドルタワー 静音モデル H2-BT / H2-WT

4月25日にNZXTから静音モデルのミドルタワーケース H2-BK(ブラックモデル)とH2-WT(ホワイトモデル)が発売されます。

既に海外やBTO採用ケースで随分前に発売されていますが(^^ゞ

シンプルなデザインなのに存在を主張している感じで、好感が持てる格好いいデザインだと思います。

いわゆる窒息系ケースなのですが、特徴として天面部にSATA接続HDD怪異脱着ドックが装備されており、その他に3段階切替のファンコントローラーが装備されています。

ファンは、前面に120mm×2個と背面に120mm×1個が標準装備されており、その他に天面に140mm×1個と底面に120mm×1個が搭載可能となっています。

大きさが520mm×215mm×466mmと言う事で、残念ながら自分が使っているPCケースに入らないのが残念ですが。

現時点のAmazon.co.jp価格は、13,732円となってます。

NZXT ミドルタワー 静音モデル ブラック H2-BK NZXT ミドルタワー 静音モデル ブラック H2-BK NZXT ミドルタワー 静音モデル ブラック H2-BK NZXT ミドルタワー 静音モデル ブラック H2-BK NZXT ミドルタワー 静音モデル ブラック H2-BK NZXT ミドルタワー 静音モデル ホワイト H2-WT NZXT ミドルタワー 静音モデル ホワイト H2-WT NZXT ミドルタワー 静音モデル ホワイト H2-WT NZXT ミドルタワー 静音モデル ホワイト H2-WT NZXT ミドルタワー 静音モデル ホワイト H2-WT NZXT ミドルタワー 静音モデル ホワイト H2-WT NZXT ミドルタワー 静音モデル ホワイト H2-WT


 


↓↓↓ ブログランキング参加中、クリックお願いします! ↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ




Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2014年4月18日

Microsoft ワイヤレスキーボード All-in-One Media Keyboard

Microsoftから新しいキーボードが発売されました。そのキーボードは、ワイヤレスキーボード All-in-One Media Keyboard。

日本での発売は未定ですが、多分発売されるのでは無いかと思われます。

Microsoft ワイヤレスキーボード All-in-One Media Keyboard Microsoft ワイヤレスキーボード All-in-One Media Keyboard


右側にタッチパッドが内蔵されているタイプで、ちょうど現在発売されているロジクールのワイヤレス オールインワン キーボード TK820に似た感じです。

但し、ロジクール ワイヤレス オールインワン キーボード TK820の価格は、7,000円台から10,000円とお値段高めですが、今回のMicrosoft ワイヤレスキーボード All-in-One Media Keyboardは、$39,95と日本で発売された場合は4,000円ぐらいと言ったところで、ロジクール ワイヤレス オールインワン キーボード TK820の方よりも安く手に入りそうです。

このMicrosoft ワイヤレスキーボード All-in-One Media Keyboardは、テレビやXboxなどで使う事を主な目的にした製品で、防水処理も施されているのでリビング用キーボードと言った感じですが、右側にタッチパッドが搭載されているので、わざわざマウスを使う必要も無くWindows 8との相性も良さそうですね。

自分もセカンドPC用に丁度良いキーボードかなと思ってたりしています。ワイヤレスでマウス不要だし、セカンドPCなのでテンキーも必要無いので。



Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2014年3月30日

NZXT Digital Game User'sカスタム ミドルタワー ホワイト H440W-WH

PCケース「NZXT Digital Game User'sカスタム ミドルタワー ブラック H440W-MB」のエントリー記事に引き続き、「NZXT Digital Game User'sカスタム ミドルタワー ホワイト H440W-WH」です。

単なる色違いでホワイトカラーになるのですが、こちらの方が綺麗さが際だって落ち着く感じですね(^。^)

「NZXT Digital Game User'sカスタム ミドルタワー ホワイト H440W-WH」の方が良いな(・・)(。。)


NZXT Digital Game User'sカスタム ミドルタワー ホワイト H440W-WH NZXT Digital Game User'sカスタム ミドルタワー ホワイト H440W-WH NZXT Digital Game User'sカスタム ミドルタワー ホワイト H440W-WH NZXT Digital Game User'sカスタム ミドルタワー ホワイト H440W-WH NZXT Digital Game User'sカスタム ミドルタワー ホワイト H440W-WH NZXT Digital Game User'sカスタム ミドルタワー ホワイト H440W-WH NZXT Digital Game User'sカスタム ミドルタワー ホワイト H440W-WH NZXT Digital Game User'sカスタム ミドルタワー ホワイト H440W-WH NZXT Digital Game User'sカスタム ミドルタワー ホワイト H440W-WH



Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2014年3月29日

NZXT Digital Game User'sカスタム ミドルタワー ブラック H440W-MB

現状今のPC環境にほぼ満足しているので、新しく自作PCを作るとかは全く考えていないのですが、そのような中でも久しぶりに欲しいと思うPCケースを発見しました。

それは「NZXT Digital Game User'sカスタム ミドルタワー ブラック H440W-MB」。

現在使っているCORSAIR Carbide 550D(CC-9011015-WW)や、Carbide Series 330R Quiet Caseもシンプルで好きなんですが、このNZXT Digital Game User'sカスタム ミドルタワー ブラック H440W-MBはシンプル感に派手さがプラスされた感じで物欲感を沸きたてますw

以前NZXT PHANTOM410のPCケースを購入したときに良い思いはなかったのですが、それでもこの「NZXT Digital Game User'sカスタム ミドルタワー ブラック H440W-MB」は良いかなと。

PC本体を岡村製作所のラックケースに入れているのですが、このラックが高さ510mmのため、それ以上のPCケースだと入れることができないのです。

しかも、最近はPCケースも大型化していてミドルサイズであっても、高さは510mmを越えるものが多く有りラックケースに収めるためにはそれらのPCケースを選択することができません。

その点この「NZXT Digital Game User'sカスタム ミドルタワー ブラック H440W-MB」のサイズは、475mm x 220mm x 510mm とジャストサイズな訳です。

お値段もAmazon.co.jp価格14,580円とPCケースとしては安くも無く高くも無くと言った感じでお手頃な価格と言うのも好印象ですね。

仕様は、

対応M/B : ATX、Mini-ATX、Micro-ATX
ベイ : 5.25"(x0)、3.5"/2.5"共用(x6)、SSD専用(x2)
背面拡張スロット数 : 7基
搭載端子 : USB3.0/2.0(各2)、Mic/Audio(各1)
前面FAN : 120mm(x3)付属。140mm(x2)に換装可能
M/B取付面裏ケーブル配線スペース幅 : 17.7~32.5mm
天面FAN : 140mm(x2)又は120mm(x3)搭載可能
搭載可能なCPUクーラー : 全高 180mm迄
搭載可能なVGAカード : 奥行 294mm迄
背面FAN : 140mm(x1)付属。120mm(x1)に換装可能

となっています。


NZXT Digital Game User'sカスタム ミドルタワー ブラック H440W-MB NZXT Digital Game User'sカスタム ミドルタワー ブラック H440W-MB NZXT Digital Game User'sカスタム ミドルタワー ブラック H440W-MB NZXT Digital Game User'sカスタム ミドルタワー ブラック H440W-MB NZXT Digital Game User'sカスタム ミドルタワー ブラック H440W-MB NZXT Digital Game User'sカスタム ミドルタワー ブラック H440W-MB NZXT Digital Game User'sカスタム ミドルタワー ブラック H440W-MB NZXT Digital Game User'sカスタム ミドルタワー ブラック H440W-MB



Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2014年3月 5日

金のマウス

とにかくインパクトのあるマウスって言うことで、こんなマウスがあります。

それは、金塊マウス(^^ゞ

金塊マウスAmazon.co.jp価格は約1,000円。見た目豪華の割には安いですw

性能は普通の3ボタンのワイヤレス式マウスですが、お手頃で目立つなら1番のマウスですね(^。^)

次に金箔マウス。

金箔マウス

このマウス本当にマウス表面に純度94%の金箔を使用してます( ̄。 ̄;)

その分お値段も高めでAmazon.co.jp価格で6,200円となってます。こちらもワイヤレス方式のマウスです。

6,200円だと結構な高性能マウスが買える価格ですね。


 


Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2014年3月 4日

デル 4K液晶モニタ P2815Q

いよいよデルの28インチ4K液晶モニタ「P2815Q」が、日本でも3月18日に発売されるようです。

また、3月7日よりAmazon.co.jp、NTT-X Store、ビックカメラグループ、ツクモ電気にて先行予約販売が開始されるとのこと。

価格は7万円を切って6万9980円と4K液晶モニタとしては魅力ある価格となっています。

しかしね・・・この4K液晶モニタってTNパネルだそうで(ノД`)

解像度3,840×2,160ドットの広大さ4K液晶モニタで6万9980円って言うのは素晴らしいと思うのですが、TNパネルかつ色域84%、3,840×2,160ドット表示時のリフレッシュレート(画面更新頻度)が最大30Hzって言うのが気になるところ。色の再現性を重視する方やゲーマーには向かないでしょう。

今IPSパネルを使っている方は、TNパネルによって不満が出る可能性もあるので実物を見た方が良いと思うのですが、実物を見る機会は少ないでしょう。

と言うことで、この液晶モニタが欲しい方は、エクセルなどの作業をするために3,840×2,160ドットの広大な領域がとりあえず欲しいと言う方向けでしょうかね。


デル 4K液晶モニタ P2815Q デル 4K液晶モニタ P2815Q デル 4K液晶モニタ P2815Q

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2014年1月26日

ゲーミングマウスCyborg R.A.T. 7

先日アップしたMad Catzのマウスパッドのエントリー記事繋がりでMad Catz製ゲーミングマウスです。

そのゲーミングマウスは、Cyborg R.A.T. 7(MC-RAT7R2)。

Mad Catz Cyborg R.A.T. 7 マットブラック

見た目メカメカしいゲーミングマウスで、アルミニウムシャーシ採用となっており、またマウスの長さ、幅、高さ、重さを手の大きさや好みに合わせて位置調整が可能なトランスフォームメカ搭載のゲーミングマウスとなっています。

以前この手のマウスの購入を考えたことがあったのですが、価格が高かったので断念した経緯があります(ノД`)

このゲーミングマウスは、Cyborg R.A.Tシリーズのフル機能を備えた上位モデル(Cyborg R.A.T. 7)となっていますが、マイナーチェンジが施されたため型落ちなったことで通常価格9,980円が、Amazon.co.jp価格5,000円とほぼ半値となっています。

カラーは3色展開されておりマットブラック以外に、マットホワイト(つや無しホワイト)、グロスホワイト(つや有りホワイト)があります。

icon icon

icon icon

ブラックも良いですが、RX-78ガンダム辺りを彷彿されるホワイトもかなり格好良く見えまな(^。^)

とここまでエントリー記事を書いたら、Amazon.co.jpのMad Catz Cyborg R.A.T. 7 マットブラックがなんと完売してしまいました。週末辺りにポチッろうと思っていたのに(ノД`)

なお、Mad Catz Cyborg R.A.T. 7 マットホワイト(つや無しホワイト)については、ビックカメラ.comで価格5,000円 ビックポイント 500ポイントサービスで実質4,500円で売られてます

Mad Catz Cyborg R.A.T. 7 グロスホワイト(つや消しホワイト)については、ソフマップ.ドットコムにて同様に価格5,000円 ポイント500ポイントサービスで実質4,500円でまだ売られています。

Mad Catz Cyborg R.A.T. 7 マットブラックは、現時点で5,000円で入手は不可能のようで、と言ってホワイトはブラックで統一している自分のデスク上で使うのは違和感があるな(-_- )

Mad Catz Cyborg R.A.T. 7 グロスホワイト(つや有りホワイト)については、その他にヨドバシカメラ(www.yodobashi.com)で、価格5,000円でヨドバシのゴールドポイント500ポイント分が付いてきます。

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2014年1月25日

飛行機型マウス OTAS エアクラフトマウス

Amazon.co.jpを探索していると形の変わったマウス発見(゜_゜;)

そのマウスは「OTAS エアクラフトマウス」。

このマウス飛行機型のデザインをしており、その翼の部分に手の平を乗せることができて使用中安定感が得られるとのこと。

飛行機型マウス OTAS エアクラフトマウス

マウス自体は、有線タイプで解像度800dpi固定で左右ボタン+ホイールの3ボタン式の普通のマウスです。

カラーはシルバー・ブラック・レッドの3色展開。

シルバーは昔ウルトラマンで出てきた飛行機に似ている感じσ(^◇^;)

飛行機型マウス OTAS エアクラフトマウス

しかし、何故かブラックとシルバーはAmazon.co.jp価格1,500円位ですが、レッドだけはAmazon.co.jp価格693円とブラック・シルバーに比べてかなりお安めの価格設定(^^ゞ Amazon.co.jpが販売発送を行うので送料は無料。

このマウス手の平を乗せることができて使用中安定感が得られるのが一番の売りですね(^。^)


   


Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2014年1月25日

ELECOM タッチパッド ワイヤレス マルチジェスチャー

昨年の6月にも「ELECOM タッチパッド ワイヤレス マルチジェスチャー」のエントリー記事をアップしたのですが、そのときは、「ELECOM タッチパッド ワイヤレス マルチジェスチャー Windows8対応 ホワイト M-TP01DSWH」が、Amazon.co.jp参考価格10,658円が7,659円OFFの2,999円で売られている旨の内容でした。

これでも十分安かったのですが、今回「ELECOM タッチパッド ワイヤレス マルチジェスチャー Windows8対応 ブラック M-TP01DSBK」が、Amazon.co.jp参考価格10,658円が8,978円OFFの1,680円で売られています。Amazon.co.jp発送なので送料は無料。

ホワイトの「ELECOM タッチパッド ワイヤレス マルチジェスチャー Windows8対応 ホワイト M-TP01DSWH」は若干高くてAmazon.co.jp価格2,380円となっています。

そして、エレコム直販サイトのアウトレットコーナーだと更に安くなってブラック・ホワイト共に1,197円で売られています( ・_・;)

但し、単体で購入すると2,100円に達しないので送料525円が掛かってしまいます。

と言うことで「ELECOM タッチパッド ワイヤレス マルチジェスチャー Windows8対応 ブラック M-TP01DSBK」単体で購入する場合は、送料無料のAmazon.co.jpの方が安く、エレコム直販サイトで購入金額2,100円以上であればエレコム直販サイトのアウトレットコーナーの方が安いことになります。

「ELECOM タッチパッド ワイヤレス マルチジェスチャー Windows8対応 ホワイト M-TP01DSWH」の場合には、送料525円が加わってもエレコム直販サイトの方が安いですね。

LOGICOOL ワイヤレス 充電式 タッチパッド T650」辺りと比べるとかなり劣るようなのですが、値段の差も大きいのでお試しで買うには良いですね。


 


Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2014年1月24日

低価格XXLサイズマウスパッド

以前購入したマウスパッド「ペリックス DX-1000XXL, ゲーミングマウスパッド - サイズ:900x440x3mm」は、その後Amazon.co.jpで再入荷予定の目処が立っていない状況ですが、これ以外にも大きめでお得なマウスパッドがあります。

それは「Mad Catz ハイエンドマウスパッドCyborg G.L.I.D.E. 7 Gaming Surface MC-GLIDE7」。

Mad Catz ハイエンドマウスパッドCyborg G.L.I.D.E. 7 Gaming Surface MC-GLIDE7

表面は正確で高速なマウス操作をサポートする超低摩擦繊維素材採用で、大きさは485mmx400x6mmとなっています。

これぐらいの大きさのマウスパッドは、価格も高くなり種類も限られてくるでしょうが、このマウスパッドのAmazon.co.jp価格は1,000円。送料はAmazon.co.jpが発送を担当するため送料無料となっています。

唯一難点は、ゲーマー向きのデザイン。

こればっかりは致し方ないのでデザインさえ気に入れば、お買い得なマウスパッドになりそうです(・_・)(._.)



Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2014年1月13日

低価格4Kモニタ

昨年末にデルから発売された話題となった4Kモニタですが、今年は各社から低価格の4Kモニタが発売されるようです。

特にLenovoとASUSの2機種。

この2機種の予定価格設定は、799ドル(約8万3500円)とかなりの魅力的な価格設定となってます。

・Lenovo ThinkVision Pro2840m
 サイズ:28インチ 3840×2160
 発売予定価格:799ドル(約8万3500円)
 発売予定時期:2014年4月

Lenovo ThinkVision Pro2840m Lenovo ThinkVision Pro2840m Lenovo ThinkVision Pro2840m

・ASUS PB287Q
 サイズ:28インチ 3840x2160
 発売予定価格:799ドル
 発売予定:2014年第2四半期(約8万3500円)

ASUS PB287Q ASUS PB287Q


そして、デルからも上記2機種よりも更に低価格設定となっているDELL P2815Qが今月1月23日発売予定となっており、発売予定価格は699ドル(約7万3500円)と4Kモニタでは最安です。

DELL P2815Q DELL P2815Q

この辺り流石低価格のデルと言った感じで、価格・発売時期などこの4Kモニタ合戦を一歩リードしそうな予感です(^。^)

今年は一通り各社から低価格な4Kモニタが発売され、4Kモニタが世間に浸透するのは2014年末と言ったところでしょうか。

購入するのであれば、今年終わりから来年かと思いますが、既に4Kモニタに目を付けている方は、既に購入予定に入っているでしょうね。

自分はいつ購入できるのか分かりませんが、高解像度好きな自分としては手に入れたいモニタですね。

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2013年12月14日

デル24インチ 4K液晶モニタ UP2414Qの価格が・・・


デル 4K液晶モニタ UP2414Q(UltraSharp 24)


先日のエントリー記事で、デルの24インチの4K液晶モニタ UP2414Q(UltraSharp 24)がAmazon.co.jp価格99,980円で予約受付中を書きましたが、昨日の朝Amazon.co.jpを見てみると価格が30,000円アップの129,980円に変更となっていました。

発売予定日も12月18日になっていたのが12月17日変更となっています。

このデルの24インチの4K液晶モニタ UP2414Q(UltraSharp 24)は、米国で1399ドルで発売されていると言うことで、日本国内では129,980円は妥当な価格だと思いますが、一度99,980円の価格を見てしまってからでは非常に高く感じてしまいます。

しかし、昨晩再び確認してみると99,980円に戻ってました(^^ゞ なお「参考価格:¥129,980 OFF:¥30,000(23%)」と記載されていました。

と言うことで、Amazon.co.jpとしては、標準価格129,980円に対し30,000円オフの99,980円で売りたいみたいですが、購入するタイミングによっては、標準価格の129,980円に戻っている場合もあるようなので注意する必要があるようです。

と言うことで、購入する場合にはAmazon.co.jp価格が99,980円であることを確認して購入しましょう(・_・)(._.)



Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2013年12月12日

デル24インチ 4K液晶モニタ UP2414Q


デル 4K液晶モニタ UP2414Q(UltraSharp 24)


先日のエントリー記事で、デルの24インチの4K液晶モニタ UP2414Q(UltraSharp 24)も12月16日に発売予定となっており、米国では1399ドルで発売されていると言うことで、日本国内では14万円ぐらいになるのではないでしょうか。と言うことを書きましたが、Amazon.co.jp価格では、10万円を切って、99,980円と言う価格で予約受け付けがされています。また、Amazon.co.jpでの発売予定日は、12月18日となっています。

と言うことで、思ったよりもかなり安く販売されそうでうれしい限りです。この価格だったら高解像度好きの方は、手が出そうですね(自分は買えないけど)。

と言うことで、来年の早い時期に発売されるというデジタルハイエンドシリーズ下位グレードの28インチ液晶モニタ P2815Qの価格も期待します(`・ω・´)



Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2013年12月10日

デル4K液晶モニタ

先日、三菱電機から個人向け液晶ディスプレイ事業を終息するという旨が発表されましたが、現在販売している市場在庫が無くなると三菱電機の液晶ディスプレイは手に入れることができなくなります。

自分の場合、過去三菱電機の液晶ディスプレイを購入検討したことは有ったものの実際に購入したことは無かったのですが、今後液晶モニタの選択肢が狭まることは非常に残念ですね。

一方、デルの液晶ディスプレイは盛んになってきているようです。

11月28日に、デル初の4K液晶モニタ UP3214Q (UltraSharp 32) が発売となりました。

デル 4K液晶モニタ UP3214Q (UltraSharp 32) デル 4K液晶モニタ UP3214Q (UltraSharp 32)

価格は、34万9980円と言うかなりの高価格で、解像度にはかなり魅力があるもののとても手が出せるものではありません。

このデル初の4K液晶モニタ UP3214Q (UltraSharp 32) は、31.5インチIGZO液晶でフルHD(1980x1080)の4倍にあたる4K解像度であるUltra HD(2840×2160)という性能になります。

また、24インチの4K液晶モニタ UP2414Q(UltraSharp 24)も12月16日に発売予定となっております。

デル 4K液晶モニタ UP2414Q(UltraSharp 24)

こちらの日本価格はまだ決まっていませんが、米国では1399ドルで発売されていると言うことで、日本国内では14万円ぐらいになるのではないでしょうか。

UP3214Q (UltraSharp 32) の価格を知ってしまったあとなので、意外に安いというのが印象です。

そして、来年の早い時期に28インチ液晶モニタ P2815Qを1000ドル以下、つまり日本国内だと10万円以下で発売されるとか!

但し、UP3214Q (UltraSharp 32) 及び、UP2414Q(UltraSharp 24)はデジタルハイエンドシリーズとなっていますが、P2815Qの場合、その2機種と比べると性能が劣る下位グレードのプロフェッショナルシリーズになるかと思われます。

購入するしないはともかく、UP3214QやUP2414Qの価格ではとても手が出せないと思っていたところに、4K液晶モニタが10万円以下で買えることができるとは凄いです。

この4K液晶モニタ1台あれば、フルHDをデュアルにしなくてもそれ以上の解像度が手に入ることは素晴らしいと思ってます。

自分の場合、1台のモニタで解像度が広ければ広いという考えなので、早く4K液晶モニタが普及することを望んでます。

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2013年12月 5日

一太郎2014 徹(てつ)


ichitaro2014_131204.jpg


今年も一太郎の新バージョンが発表されましたが、2014年2月7日(金)発売で「一太郎2014 徹(てつ)」と言うことですね。

例年であればもっと早く発表されたと思うのですが、てっきり今年は新しい一太郎の発表は無いのかなっと思ってしまいました(^^ゞ

今自分が使っている一太郎は「一太郎2012 承 プレミアム」で、現在発売中の「一太郎2013 玄」は、結局購入していません。

さて2013年2月7日(金)発売の「一太郎2014 徹」ですが、どうしようかと。

今回は、2年ぶりのバージョンアップとなる「Shuriken 2014」も有るようなので欲しいところなのですが、欲しいソフトウェアは、一太郎2014 徹、ATOK 2014、Shuriken 2014だけで良いわけで。

「一太郎2014 徹 プレミアム」を購入すると、辞書や花子、詠太などが付いてくるのが邪魔です。

しかも、使わないソフトなのに結局はインストールしてしまう自分です。また、使わないソフトに余計支払うのも勿体ない気がする(・_・)(._.)

「一太郎2014 徹 プレミアム バージョンアップ版」が14,175円となっており、一方「一太郎2014 徹 バージョンアップ版」が7,560円、「Shuriken 2014 バージョンアップ版」が2,625円となっています。

「一太郎2014 徹 バージョンアップ版」が7,560円、「Shuriken 2014 バージョンアップ版」が2,625円を合計すると10,185円となります。

自分の場合、ゴールド会員なので一太郎はMyShop価格の10%OFFになりポイントが3,000円分使えるので、結構上記の価格より安く購入することができます。

ポイントの有効期限が2014年1月22日までとなっており、それまでに購入を考えたいと思います。


toprerealforce_131204.jpg

また、今回も一太郎2014 徹 発売記念として東プレ REALFORCEの特別仕様「東プレ REALFORCE108UBK-JS ZH0200 特別仕様」が発売されるようです。

その仕様は、フルキーボードに「漆黒キートップ刻印/かなあり/昇華印刷」、キー過重は45g統一モデルとなっています。

その他に、ESCなど「赤キートップ」を特別同梱されています。

今回は、そこまで魅力的なモデルでは無いような気がするのですが、もう少し変化が欲しいところです。


Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2013年10月23日

Sculpt Ergonomic KB(Mouse) for Business

以前から気になって、このブログでもエントリー記事をアップしていたマイクロソフトのワイヤレス 人間工学デザイン キーボード+マウス「Microsoft Sculpt Ergonomic Desktop」。

Amazon.co.jpで「Microsoft Sculpt Ergonomic Desktop」を普通に購入した場合、11,635円。

キーボード+テンキーボード+マウスの3点セットと言うことで、やはり1万円オーバーする品物(^^ゞ


これが、NTT-X Storeの場合「Microsoft Sculpt Ergonomic Desktop」が、
10,815円で販売されています。

尚且つ、時間限定(20:00~08:00)で発行されるNTT-X Store 会員割引クーポンを使うと10,580円になります。

Amazon.co.jpよりも、若干安く購入することが出来ますが、これでも1万円オーバー(´・ω・`)


この「Microsoft Sculpt Ergonomic Desktop」には、Businessモデルがあって、簡易パッケージなどの違いがあるものの製品自体は同じもの。

但し、キーボード+マウスとしてのセット品は無く、それぞれキーボードとマウスを単独で販売されています。

このBusinessモデルで見ると、

Amazon.co.jpの場合、キーボードのみの「Microsoft Sculpt Ergonomic Keyboard for Business」は、6,564円。

マウスのみの「Microsoft Sculpt Ergonomic Mouse for Business」は、Amazon.co.jpでの取り扱いは、今のところ無いようです。


一方、NTT-X Storeの場合、キーボードのみの「Microsoft Sculpt Ergonomic Keyboard for Business」は、5,628円

マウスのみの「Microsoft Sculpt Ergonomic Mouse for Business」は、3,255円となっています。

と言うことで、キーボード+マウスのセット品を購入するよりも、NTT-X Storeでキーボードマウス単独品であるBusinessを購入した場合、8,883円で購入することができ、1万円を切って安く購入可能です。

モノ自体は同じなので、Businessパッケージでよければ、このパターンが一番お得かと(・_・)(._.)

※上記価格は、10月23日時点のものです。


 


Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2013年10月15日

XL-ATX対応ゲーミングPCケース ANTEC ELEVENHUNDRED

またまたPCケースネタですいません(_ _)(ネタがないもので(^^ゞ)

昨日エントリー記事をアップしたCORSAIR Carbide 330RなどのPCケースに1万円も出すのは勿体ない、でも低価格なZALMANのケースでは物足りない、良いPCケースを使いたいと言うことであれば「ANTEC XL-ATX対応ゲーミングPCケース ELEVENHUNDRED」は、如何でしょうか(・_・)(._.)

「ANTEC XL-ATX対応ゲーミングPCケース ELEVENHUNDRED」のAmazon.co.jp価格は7,999円となっています。

このPCケース、2011年11月に発売されたもので、発売されてから年数が経過していますが、同じ時期に発売されたPCケース「ANTEC P280」と同じシャーシが使われています。

「ANTEC P280」は、静音PCケースで飽きの来ないスタイルと文句ない剛性など充実した機能で、今でも静音PCケースの定番として売られています。

この「ANTEC P280」のAmazon.co.jp価格は、約11,000円と1万円以上となっている訳で・・・。

一方、この「ANTEC XL-ATX対応ゲーミングPCケース ELEVENHUNDRED」は、ゲーミングPCケースと言うことで、冷却性能と拡張性については言うこと無いのですが、「ANTEC P280」と比べ剛性は落ちること、モノによってはCPUクーラーがサイドパネルと干渉してしまうことなど若干ネックな点が有るものの、発売当初13,000円位だったものが、現在は「ANTEC P280」よりも4,000円安く、8,000円で売られておりお買い得感については言うこと無く、ネックな点については、それほどまで気にすることは無いかと思います。


XL-ATX対応ゲーミングPCケース ANTEC ELEVENHUNDRED

XL-ATX対応ゲーミングPCケース ANTEC ELEVENHUNDRED

XL-ATX対応ゲーミングPCケース ANTEC ELEVENHUNDRED

XL-ATX対応ゲーミングPCケース ANTEC ELEVENHUNDRED


 


Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2013年10月10日

PCケース CORSAIR Carbide 330R

先日エントリー記事をアップしたZALMAN Z3 PlusとZALMAN Z12 PlusのZALMAN製PCケースは、低価格の割にかなり機能が充実して良いケースですが、予算が1万円位までアップすると2013年7月27日に発売されたCORSAIR Carbide 330R CC-9011024-WWが欲しいところ。

今使っているCORSAIR Obsidian 550D CC-9011015-WWが気に入っているので、CORSAIR Carbide 330R CC-9011024-WWを是非試してみたい。

CORSAIR Obsidian 550D CC-9011015-WW同様、飽きが来ないスタイルで、CORSAIR Obsidian 550D CC-9011015-WWと比べてフロントが全てブラックで統一されていて、スタイル的には、CORSAIR Carbide 330R CC-9011024-WWが良いかと。

但し、CORSAIR Obsidian 550D CC-9011015-WWと比べると、追加できるファンは、ケーストップに140mmまたは120mmファン2個、フロントに140mmまたは120mmファン1個が追加出来るだけで、サイド、ボトム、3.5インチシャドウベイには装着不可となっており、また、リアは120mmファン1個のみとなっており140mmファンには換装不可となっています。

良いところは、あまり使う事はないのですが、対応マザーボードとして、CORSAIR Obsidian 550D CC-9011015-WWは、ATX / Micro ATXとなっており、一方、CORSAIR Carbide 330R CC-9011024-WWは、E-ATX(304.8×266.7mmまで) / ATX / Micro ATX / Mini ITXのマザーボードが対応可能となってます。

サイズ的には、CORSAIR Obsidian 550D CC-9011015-WWが、285(幅)×610(奥行)×555(高)mm 重さ9.2kgに対し、CORSAIR Carbide 330R CC-9011024-WWは、300(幅)×560(奥行)×590(高)mm 重さ7.2kgと、幅、高さともに小さくなっているものの奥行きは、5cm程長くなっています。

CORSAIR Obsidian 550D CC-9011015-WWとCORSAIR Carbide 330R CC-9011024-WW(現在Amazon.co.jpでの直販は無し)との差が、約2,000円ぐらいなので、どちらを購入するか難しところですね(^^ゞ


CORSAIR Carbide 330R CC-9011024-WW

CORSAIR Carbide 330R CC-9011024-WW

CORSAIR Carbide 330R CC-9011024-WW

CORSAIR Carbide 330R CC-9011024-WW

CORSAIR Carbide 330R CC-9011024-WW



 


Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



2013年9月 9日

ATXミドルタワーPCケース ZALMAN Z12 Plus

前回のエントリー記事の「ZALMAN Z3 Plus ATX対応ミドルタワーPCケース」ですが、その上位版として「ZALMAN Z12 Plus ATX対応ミドルタワーPCケース」も先月8月に発売となっております。

こちらは、ブラックカラーのみです。

お値段は「ZALMAN Z3 Plus ATX対応ミドルタワーPCケース」よりも1,500円ぐらいお高めとなってます。

「ZALMAN Z3 Plus ATX対応ミドルタワーPCケース」と比べると、デザインはもちろんですが、ドライブベイの数や奥行きのサイズなどが違ってます。

拡張性を求めない限り「ZALMAN Z3 Plus ATX対応ミドルタワーPCケース」で十分かと思いますが・・・。

商品の仕様
・ケース各所に優れたエアフローを発揮するメッシュ加工を採用
・3基の冷却ファンを搭載し、最大5基のファン取り付けに対応
・High/Low切り替えのマルチファンコントローラーを標準装備
・メンテナンス製を重視したブラックコーティングシャーシ
・簡単にドライブを取り付けできるツールフリー設計を採用
・2.5インチドライブの取り付けに対応
・USB 3.0ポート搭載
・フロント上部にスマートフォンや外付けHDDなどを設置可能
・最大290mmまでの拡張カード搭載スペースを確保
・透明アクリルを採用したサイドパネル

ATX対応ミドルタワーPCケース ZALMAN Z3 Plus

ATX対応ミドルタワーPCケース ZALMAN Z3 Plus

ATX対応ミドルタワーPCケース ZALMAN Z3 Plus



Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



   1   2   3   4   5   6